まるで粉吹き芋でした・・・

11月頃になるとオフィスに暖房が入りだすところって多いですよね。

その暖房が私には強すぎるのか、一日乾燥した空気にさらされて顔がパリパリに乾燥してしまいます。

時々顔が痛く感じることもあり、カサカサが本当に止まりません。

職場は自宅ではないので、乾燥が気になるからと言って勝手に暖房調節はNG。

そのまま我慢して過ごしていたんですが、カサカサがひどくなって肌が粉を吹くようになってしまいました。

おまけにかゆくてかいてしまうので、肌が傷だらけになってしまいました。

まるで粉吹き芋のような顔になってしまい、人に見られるのが恥ずかしくて本当に嫌でした。

化粧で隠そうともしましたが、粉を吹いた部分はファンデーションが浮いてしまってどうしようもできません。

事態は悪くなる一方で・・・

これではだめだと思い、この粉吹き肌をどうすればいいか、いろいろ試し始めました。

そのおかげで、今では乾燥したオフィスでも、一日中しっとり肌で粉を吹くこともなくなりました。

もしも同じような悩みを抱えているなら、読んでみてくださいね。

私が実践した乾燥肌対策

粉吹き肌になるのは乾燥肌がひどくなっているからだと思ったので、とにかく保湿はしっかりしました。

化粧水や乳液を「これでもか!」というぐらい顔につけ、出勤前と寝る前は徹底的に保湿しました。

今までよりも保湿パックの回数も増やしましたし、できるだけ水分を逃がさないように心がけました。

保湿に使う化粧品もあまり安いものは避け、とにかく保湿力の高さを基準に選んで購入しました。

保湿用の化粧品をたっぷり使っていたので、やっぱりすごく減りが早くて・・

同じシーズンに何度も購入していたので、化粧品代が今までの倍以上かかることもあったりして。

それなのにあまり効果は現れず、やっぱり仕事中はカサカサになっていました。

朝も念入りに保湿したのにも関わらず、午後まで潤いが続きません。

どうすればいいのか分からなくなって落ち込んでいましたが、このまま放置していても状況はよくなりません。

だからもう一度、粉吹き肌になってしまう原因を調べなおしました。

粉吹き肌になるのはどうして?

粉吹き肌=乾燥肌ですよね。

肌が乾燥してしまうメカニズムは、肌が乾燥するメカニズムには大きく3つに分けられます。

  • 肌の水分を保持してくれる天然保湿因子“NMF”の減少
  • 肌を乾燥から守ってくれる、“脂質”や“セラミド”という成分の減少
  • 肌の一番外側の部分である“角質”がボロボロになり肌から水分が逃げやすくなってしまう

これらすべては加齢が原因で起こる現象ですので、歳を重ねるごとに乾燥しやすい肌になります。

では、どうして乾燥すると粉吹き肌になるのでしょうか?

粉吹き肌の白いものの正体は、肌の角質がボロボロと剥がれてできたものです。

乾燥すると肌に保湿成分が少なくなり、肌表面の角質が剥がれやすくなることで起こります。

乾燥して角質が剥がれてしまうと、そこからどんどん水分が逃げて行ってしまい肌本来のバリア機能も正常に働かなくなります。

とくに30代からは肌自体が持っている保水力(どれだけ素肌で水分を維持できるかどうか)が減って行きます。

そのため、化粧水を大量に浸透させても水分を維持できず、すぐに乾燥して粉が吹いてしまうんですね。

このような状態が続くと、外部からの刺激を直接受けることで肌に負担をかけてしまうので、炎症を起こして赤くなったり痒くなります。

また、メイクや洗顔などの摩擦による刺激にも敏感に反応するため、粉吹き肌がなかなか良くならないんですね。

だから私がしなければならない粉吹き肌の対処は、まずは肌の保水機能とバリア機能を正常に戻すことでした。

そこで活躍してくれるのが、セラミドという成分です。

セラミドで潤いを長時間キープする

まず先にお話したように、保水力を上げるためにはセラミド、NMF(アミノ酸などの天然保湿因子)などが必要になってきます。

セラミドは外部から補うことが効果的ですので、セラミド入りの保湿ジェルなどを塗ってあげるといいですね。

セラミドは大量の水分を捕まえて離さない性質があるので、長時間潤いを与え続けることができ、乾燥を防いでくれます。

一般的な保湿化粧品は、肌の表面に膜を作ることで潤いを保ち、水のベースで水分蒸発を防いでくれますが、ただ肌表面を覆っている状態です。

それではその膜自体が乾燥しやすく離れやすいので、潤いを維持できる時間が短く、肌から水分が蒸発してしまいます。

ですがセラミドは角質層内部に浸透し、長い時間肌水分量を維持できるので保水力を高めることができます。

保水力が高まれば肌のバリア機能も元にもどりますので、粉吹き肌や痒みなどの症状も治るということなんですね。

ですから私もセラミドがたっぷり配合されているオールインワンジェルを購入し、さっそく試してみました。

すると使った翌日から潤いをしっかり感じることができ、オフィスでもあまり乾燥が気にならなくなりました。

オールインワンジェルなら他に余計な保湿化粧品を買わなくて済みますし、これ一つで保湿から化粧下地まで全てまかなえるのでとても楽ですよ。

自分に自信が持てるようになりました

今までのスキンケアや保湿方法がうまくいかなかったのは、肌自体に保湿力が足りてなかったから。

これに気づけて本当に良かったと思っています。

何も知らないまま間違った知識だけで対処していたら、きっと今でも粉吹き肌は治っていなかったでしょう。

今はセラミドのおかげで肌の潤いとハリが一日中感じることができ、大満足です。

人との接し方も仕事の取り組み方も積極的になり、表情も明るくなったと周りからも言われるようになりました。

これからもセラミドをしっかり補いながら、乾燥に負けない肌を守っていきたいと思います。

おすすめのセラミド化粧品

私が粉ふき肌に悩んでいる時に、実際に使ってみたり、調べてみたりして良いなと思った商品をご紹介します。

トリニティーライン ジェルクリームプレミアム

トリニティーライン ジェルクリームプレミアム

私が実際に今も使っているセラミドクリームです。

オールインワンなのですが、これ一つで本当に一日中潤うのでとても重宝しています。

化粧水や美容液がいらないから、お手入れの時間も短縮、化粧品代も節約になってます。

(モロモロも出ません)

粉ふきはたった1度つけて治まったので、今すぐ何とかしたい人は真っ先に試して欲しいクリームです。

潤っているからかハリが出て、数ヶ月ぶりに会った友達に「なに?ちょっと!若返ってるじゃん」って言われちゃいました^^

初回は半額で試せますよ!

⇒ トリニティーライン ジェルクリームプレミアムを詳しく見てみる

REISE



3種類のセラミドと卵殻膜が入ったゼリー状の保湿スキンケアです。

軽いつけ心地なのでベタつかず、どちらかというと若い人(20代)の肌向けかなと思います。

肌本来の力を呼び覚ますというのがコンセプトなので、今すぐに解決したい人には向きませんが、比較的粉ふきが軽い人にはおすすめです。

初回35%OFFですよ!

⇒ REISEを詳しく見てみる

シュセラ モイストゲル

シュセラ モイストゲル

天然型セラミドを配合した、オールインワンゲルです。

初回は53%OFFです。

このオールインワンゲルと他の商品をお気軽に試せる、トライアルセットもありますよ!

⇒ シュセラ モイストゲルを詳しく見てみる