白髪染めが合わなくて頭が痒くなる

30代を過ぎたころから白髪がちらちらと出現し、ここ数年で一気に白髪が増えてしまいました。

もともと真っ黒い髪質なので、白髪が余計に目立ってしまいます。

白髪の量が少なかった時は普通の毛染めで対処できたんですが、最近は美容院の人の意見もあって白髪染めをするようにしています。

時間がある時は美容院で丁寧に染めてもらうんですが、染めている時に頭皮に違和感を覚えることがよくあります。

何日かすれば治まるんですが、染めたその日は何だかずっと痛痒くて・・・。

市販の白髪染めはもっとひどくて地肌に染料が付いてしまうと最悪です・・痒くて仕方ありません。

でも白髪染めをやめるわけにもいかないので、頭皮が痒くならない白髪染めはないか探すようになりました。

そして意外な解決法を見つけ出し、私は白髪染めによる痒みを克服することができたんです。

今回はその方法を教えたいと思いますので、私と同じようなことで悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。

白髪染めはなぜ頭皮が痒くなる?

白髪染めをすると頭皮が痒くなるのは、アレルギー反応による可能性が大きいようです。

では何に対してアレルギーを起こしているのかというと、大きく分けて次の二つになります。

ジアミン系の化合物によるもの

ジアミン系の化合物である「パラフェニレンジアミン」は、酸化剤によって酸化されると黒く発色する特性を持っています。

そのため白髪を黒色や暗褐色に染める主成分として無くてはならない成分です。

パラフェニレンジアミン単体は、劇物に指定されているほど毒性が強くなります。

アレルギー症状が出た場合に放っておくと、皮膚炎、まぶたや顔の腫れ、呼吸困難やアナフィラキシーショックなど命にかかわるほど重篤化することもあるので、ちょっと怖いですね。

ジアミン系にアレルギー反応が出てしまった場合、完治することはありません。

染料のアルカリ性によるもの

白髪染めに関わらず、毛染めの染料は強いアルカリ性です。

人の体は弱酸性で出来ているので、肌の弱い人にとってアルカリ剤は刺激が強すぎて、かゆみなどを引き起こす原因になることがあります。

他にも体調がすぐれないときに染めると、このような症状が出る可能性が高くなります。

私が頭皮に痒みを感じたのも、こられが関係しているのかもしれないと思うと怖くなりました。

今までの白髪染めの方法を見直す必要がありました。

ヘアカラートリートメントを試してみました

ヘアカラートリートメントは刺激が少なくて地肌に優しいということ、そして皮膚についてもしっかり洗い落とすことができるという点が魅力ですよね。

まずヘアカラートリートメントで一番に思いつくのが、「利尻昆布ヘアカラー」です。

CMでも見かけることが多いですし、口コミの良さから私も選んでネットで注文してみました。

利尻昆布のエキスを含んだ28種類の天然植物由来の美容成分が配合され、髪質まで若々しく改善してくれる優れた商品です。

できるだけ髪が乾いた状態で使用したほうが効果が出やすいということだったので、入浴前に髪に利尻昆布を馴染ませて放置すること15分。

手や肩にトリートメントがつきましたが刺激もなく、石鹸でしっかり洗えば問題なく落ちました。

染め上がりですが、白髪の部分が1回ではしっかり染まっていない印象でした。

3日連続で使用して、やっと白髪が目立たなくなって落ち着いてきたかなぁという感じですので、私にとってこの染まるまでの期間がわずらわしく感じました。

頭皮に優しく皮膚についても色が落ちやすい分、白髪染めのような即効性には欠けると思います。

また毎日続けないと染まらないので、入浴時間が大幅に増えてしまって面倒でした。

もう一つ試してみたのがテンスターヘナカラートリートメントです。

こちらは近所のドラグストアで購入しました。

使い方は利尻昆布のヘアカラートリートメントと同じで、乾いた髪に馴染ませてから30分ほど放置してからすすぎます。

テクスチャは固い印象で、くしを使わないとうまく髪に馴染みません。

また使用を何度も繰り返さないと白髪が浮いてきてしまいますし、白髪が多い人にはこのトリートメントでは追いつかないと思います。

頭皮の刺激もなくいい商品なんですが、やっぱり入浴時間が取られるので私には面倒でした。

他にもいくつかヘアカラートリートメントを購入しましたが、染めても持続性があまりよくないので10日ほどしか効果はもちません。

だからといって白髪を放置すれば増える一方ですので、他に何かいい方法はないのかと探してみることにしました。

体の内側から白髪を減らそう

そもそも白髪の原因は加齢、不規則な食生活や睡眠、ストレスだと言われています。

ですが、その中でも私たちが摂取する栄養素が白髪にとても関係していることに気づきました。

とくにたんぱく質(アミノ酸)は重要で、髪の毛を作り出すケラチンというたんぱく質になります。

ケラチンはシスチン、グルタミン酸、アルギニン酸、ロイシンなど18種類のアミノ酸からできていますが、体内で再合成された成分なので食品で摂ることはできません。

ですからケラチンを体内で再合成させるために、シスチンを多く含む穀物や、豆製品、魚介類などで補給する必要があります。

また大豆や豚肉、鰹節、エビ、海苔、落花生などに多く含まれるアルギニンも血流を良くしたり、髪の毛に栄養を行き渡らせたりするのに役立つといわれていています。

そして髪の毛や黒色を作り出すメラニン色素の原料もアミノ酸が必須で、きな粉やごま、ココア、ナッツ類、大豆、海苔、味噌などに含まれるチロシンというアミノ酸がこれにあたります。

チロシンが働くためには、タコやイカ、大豆、海苔、カカオなどに含まれる銅が必要となります。

さらに鉄、亜鉛、メカルシウム、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ヨウ素などのビタミンやミネラルは、髪の毛やメラニン色素を合成する働きをサポートしてくれます。

できるだけ白髪対策には規則正しい食事とバランスのよい栄養が大切で、黒い髪の毛を作るためにはこれだけの栄養素が必要だということです。

でもこれらすべてを毎日の食事で補うことはできませんし、かといってサプリに頼ればものすごい量を摂取することになりますよね。

だけど白髪対策には必要・・と思っている時に出会ったのが、ミレットアップだったんです。

ミレットアップで黒髪を取り戻せる

回生堂から発売されている「ミレットアップ」は飲むタイプのサプリで、このようなドリンクタイプは栄養吸収率が錠剤タイプの5倍も高いそうです。

ミレットとは穀物の一種で、必須アミノ酸が豊富に含まれ育毛効果があることでも有名なんです。

このミレットエキスが100倍に濃縮されています。

そして亜鉛がたっぷりの牡蠣エキスは天然成分や栄養素をそのまま濃縮された状態で、亜鉛を多く含まれるといわれるスッポンのなんと約8倍もあるんです。

そして髪のハリとコシに効果的なフコイダンは、メカブやコンブなどの海藻類に含まれる「ヌルヌル」成分のことです。

海藻の「ヌルヌル」成分はヒアルロン酸と同じぐらい優れた保湿力を持った天然成分です。

ミレットアップには16倍濃縮された、沖縄モズク抽出高純度フコイダンエキスがたっぷり配合されています。

ですから、健康的な黒々とした美しさとツヤを期待できますね。

そしてこれらに加えて、白髪対策に忘れてならないのが黒さを維持するコラーゲンです。

コラーゲンはたんぱく質の一種で、上記に挙げた黒髪に必要な栄養素をしっかりサポートしてくれます。

加齢とともに減少するコラーゲンを補いながら、必要な栄養素をすべてがギュッと詰めこまれたのがミレットアップなんです。

一日たった10~30mlを飲むだけいいという手軽さも魅力的ですし、ミレットアップで黒髪が増えれば染める回数も減りますよね。

以上の理由で、私はドリンクタイプのミレットアップで白髪対策をすることにしました。

⇒ 黒髪を取り戻すミレットアップを詳しく見てみる

白髪の根元が黒くなり始めました

ミレットアップを飲み始めてから数か月後に、白髪の根元が黒くなっていることに気づきました。

少しずつではありますが、黒髪が復活してきている兆しがあります。

やはり、自分の髪が自然に黒くなるのは嬉しいので、これからも継続してミレットアップで白髪対策をしていきたいと思います。

ただすぐに効果が出るものではありませんし、ミレットアップは高額で味も決しておいしくはありません。

ですが髪の健康、体の健康にはそれだけの価値があるものだと感じています。

ただ、これだけに頼っても、喫煙やアルコール、生活習慣の乱れなどを見直さなければ白髪は減らないと思います。

私もミレットアップは一つの黒髪のサポートとして飲んでいますが、髪だけでなく肌の調子や体全体の健康にもつながっていると感じています。

今は白髪対策と健康維持も兼ねて、主人と一緒に飲んでいます。

白髪染めが合わないと感じているなら、体の内側から白髪を減らしていくことも検討されてはいかがでしょうか?

 

⇒ ミレットアップで体の中から黒い髪を取り戻す