運動不足 疲れやすい

運動不足だと疲れやすいという真実|身体の機能を低下させていませんか

運動不足は驚くべき体力低下の主な要因になり、
各種成人病や様々な病気の原因となります。

 

 

普段から殆ど運動をしない場合は、ブドウ糖をエネルギー源として
使用する機能が低下し、インスリンが分泌されてもブドウ糖を
エネルギー源として使用できなくなります。

 

 

また、インスリンが過度に分泌されますが、インスリンは食欲を
増進させる作用や脂肪を蓄積させる作用をします。

 

 

運動が不足していると基礎代謝量が低くなり、脂肪を作る
酵素作用が活発になります。筋肉組織が減少し、体力が
低下するだけでなく、筋肉によって消費されるカロリーも少なくなります。

 

 

また、疲れやすい人は、運動不足が原因になるケースが多いです。
長い間、運動不足の状態が続く場合は
慢性的な疲労の症状が現れます。

 

 

運動不足により、体が必要とする酸素を十分に供給できず、
体の機能を低下させ、筋肉や靭帯の弱化、心拍出量の減少、
肺機能の低下、収縮期血圧低下などの症状を誘発します。

 

 

体のすべての臓器が本来の役割を十分に発揮できないと、
日常的な小さなことでもすぐに疲れやすい状態になり、
そういう状態が長い間繰り返されると、慢性疲労に陥ることになります。

 

 

慢性疲労は一時的疲労とは違って簡単に改善されないので、
適切な休息や栄養を摂りながら、自分の健康状態や
体力レベルに合った運動が必要であります。

 

 

運動は代謝機能を高め、血液の循環を促進させ、
体の隅々まで新鮮な酸素を十分に供給してくれます。

 

 

また、規則的な運動により、体内に溜まった老廃物を
迅速に除去させ、慢性疲労から逃れることができます。

 

 

しかし運動の強度が高すぎると、かえって慢性疲労が悪化されたり、
関節や靭帯に損傷を起こす恐れがあります。

 

 

普段からあまりに運動不足の場合は、運動を開始する前に
健康診断や体力をチェックし、専門家の運動処方に基づいて
定期的に運動を実施する必要があります。

 

 

また、適切な運動とともに規則的な生活習慣や
バランスの良い食事も大事であります。

関連ページ

運動不足って何が悪いの?あなたの体を退化させる怖い真実
運動不足って一体何が悪いのと思う人も多いでしょう。忙しい現代人は時間をつくるのも難しいですよね。でも筋肉の量が減ることで起こる問題や、体を退化させる怖い真実があることをご存知でしょうか。
運動は週に何回がベスト?やり過ぎるとかえって健康を害す危険
運動は週に何回するのがベストでしょうか。やり過ぎるとかえって健康を害す危険があることを知っていますか?
水泳は有酸素運動でしょうか|こんな泳ぎ方だと無酸素運動かも?
水泳は有酸素運動と言われていますが、実は全部がそうとは限りません。こんな泳ぎ方だと無酸素運動になっているかも?
運動嫌いで続かない時の対処法|こんな習慣が付けばこっちのもの
運動嫌いで続かない人は、まずこんな習慣を身につけることが大切。それというと・・・
運動不足解消には何から始める|健康を維持するために一番大切なこと
運動不足解消には何から始めるのがいいのか。健康を維持するために一番大切なことは何かをご紹介します。
運動不足解消のために歩くとかゆいのはなぜ【簡単】これが一番の解決法
運動不足解消のために歩くとかゆいという人はかなり多いようです。原因はちゃんと有り、これらは簡単に解消できるんです。
階段で息切れしない体を作るトレーニング|誰でもできる体力増強はコレ
階段で息切れしない体を作るには、トレーニングが必要ですが、誰でもできるカンタンな体力増強法があります。
運動不足を室内で解消する!外に出なくても健康は維持できる
運動不足を室内で解消する方法ってある?外に出なくても、毎日コツコツ続けるこんな簡単なことで、健康は維持できるんです。
筋肉痛にならない筋トレがしりたい|負担なく体を引き締める方法
筋肉痛にならない筋トレがたくないですか?いたみがあればいいというものでもありません。負担なく体を引き締める方法をご紹介します。
忙しい人のための最適な運動|家事や仕事中に手軽に体を鍛える
忙しい人のための最適な運動をご紹介します。家事や仕事中に手軽に体を鍛えるのが、効果的です。
運動して老化防止の効果を得る|体と脳へ刺激を送る最適なもの
運動して老化防止の効果を得るには、体と脳へ同時に刺激を送る運動が最適です。その代表例をご紹介します。