体力をつける トレーニング

効果的に体力をつけるトレーニング|疲れにくい身体はこうして作る

近年、ダイエットだけではなく日々の健康維持や増進を考えて
体力をつけようとトレーニングに励む方も増えています。

 

 

体力が低下すると、免疫力が低下して病気になりやすかったり、
基礎代謝が低下してしまうので肥満の原因ともなり得ます。

 

 

また、少し動いただけで疲れやすくなり疲労感がなかなか抜けないなど、
私たちのからだには悪いことだらけです。これを予防するためには
普段から意識的に体力をつけるトレーニングを行うことが大切なのです。

 

 

今すぐ簡単に行えるトレーニングとしては、ウォーキングを始めるとよいでしょう。
ウォーキングは20分以上継続して行う必要がありますが、慣れていない方などは
自分のペースで行うようにして、慣れてきたら距離や頻度を少しずつ増やしていくと
効果的です。

 

 

ウォーキングに慣れてきたら、今度は軽めのジョギングに切り替えることで
体力は増進していきます。最初の10分は歩き、5分間走る、また10分歩き、
5分走るといった方法からでも十分に効果はあります。

 

 

これを行うことで筋肉力がアップして、少し運動したくらいでは疲れない
からだに変わっていきます。
また基礎代謝が上がるので、効率よく脂肪を燃焼します。

 

 

血液の循環も良くなるため、食物から摂った栄養などがからだの隅々まで
行き渡るようになるだけでなく、冷えの改善や便秘解消、お肌の調子を
整えてくれるなど嬉しい効果がたくさんあるのです。

 

 

体力をつけてやると意気込みすぎて、初めから無理なペースで長時間の
ジョギングを行うと、疲労でクタクタになって嫌になり継続ができない傾向にあるので、
自分が気持ち良いと思えるペースで継続して取り組むことが大切です。

 

 

また室内で行えるトレーニングとしては、スクワットなどが主流です。
やり方としては片足で立ち、もう片方の足は前か横、後ろに上げます。

 

 

両腕はバランスを取るために左右に広げておき、その姿勢から
軽く膝を曲げ伸ばしすると体力をつけることができます。

関連ページ

体力をつける食事の基本|筋力をアップさせる栄養素とは
体力をつける食事の基本は、効果的に筋力をアップする栄養素を摂ることが大切です。身近な食材などをご紹介します。
高齢者が体力をつけるときに気をつけること| 健康寿命はこうして延ばす
高齢者が体力をつけるときは気をつけたいことがいくつかあります。怪我を防いで健康寿命を延ばすために、自分の体にあった方法を探します。