体力 増進

体力をつける食事の基本|筋力をアップさせる栄養素とは

体力をつけることは、筋肉を鍛えることと密接な関係があります。
人間の体の隅々までを円滑に動かすために、数多くの種類の
筋肉が動いています。

 

 

不規則な食事が原因でタンパク質の摂取量が減ってしまえば、
筋力が衰えて体力も低下してしまいます。体力をつけるためには、
高タンパクで低脂肪の食事を実践することが欠かせません。

 

 

そして、筋肉に疲労を蓄積させないために、クエン酸を多く含む食材も
利用していきます。
高タンパクな食材と言えば、肉類を連想するものです。

 

 

豚肉や牛肉はアミノ酸スコアの高い良質なタンパク質の宝庫ですが、
バラ肉などは脂肪分も多いという問題がありますから、料理をするときには
脂肪分を取り除くなどの対策も必要です。

 

 

そのほか、魚類もしっかりと食べるようにすると効果的です。
植物性のタンパク質が豊富な大豆食品も積極的に食べるようにすれば、
筋肉を作ることができます。

 

 

植物性と動物性のタンパク質は、偏ってもいけませんから、バランスよく
摂取するようにします。豚の角煮に豆腐をたっぷりと入れて、豆味噌で
味付けすれば、バランスよくタンパク質を摂取することができます。

 

 

筋肉を作ることも大切ですが、体力をつけるためには丈夫な骨も
作る必要があります。高タンパクでカルシウムも豊富な食材としては、
ヨーグルトや納豆がおすすめです。

 

 

ヨーグルトや納豆に含まれるタンパク質やカルシウムは、
発酵の力で体に吸収されやすいものとなっています。

 

 

納豆には、ビタミンKも含まれていますから、毎日食べるようにすれば
カルシウムとの相乗効果もあって、しっかりとした骨を作ることができます。

 

 

体力をつけるときに飲まれることが多いプロテインドリンクが苦手な場合は、
豆乳に黄な粉やゴマを入れたものを飲むようにすると効果的です。
食事で十分にタンパク質を摂取したなら、筋力トレーニングも行う必要があります。

 

 

タンパク質を摂取するだけでは、筋肉は鍛えられません。少しずつでもいいですから、
毎日のように運動をすれば筋力が増強して体力をつけることができます。

関連ページ

効果的に体力をつけるトレーニング|疲れにくい身体はこうして作る
効果的に体力をつけるトレーニングをご紹介します。基礎代謝を上げ、太りにくく疲れにくい体を作る簡単な方法です。
高齢者が体力をつけるときに気をつけること| 健康寿命はこうして延ばす
高齢者が体力をつけるときは気をつけたいことがいくつかあります。怪我を防いで健康寿命を延ばすために、自分の体にあった方法を探します。