睡眠不足 悪影響

睡眠不足がもたらす悪影響|様々な病気のリスクが上がるって本当?

現代人は「睡眠不足なんて全然ない!」と言う人の方が、珍しいかも
しれませんが、十分な睡眠が取れていないと、体に様々な悪影響が
出るリスクがあるのをご存知でしょうか?

 

 

まず私たちの体は、脳から出る指令によってコントロールされています。
脳細胞が傷つけば、当然体に影響が出るということは、お分かりいただけると
思います。

 

 

この傷ついた脳細胞の修復をするのが睡眠です。毎日の十分な睡眠で
その日の脳細胞の傷ついた部分を修復できれば良いのですが、
睡眠が不足すると修復がうまく行われないままになります。

 

 

それにより脳卒中などの病気のリスクが高まるのはもちろんなのですが、
他にも体にいろいろな悪影響が出てくるのです。

 

 

精神 に悪影響が出始めると、不安定になったり感情のコントロールが
効かなくなったり、ストレスに弱くなったりします。

 

 

その結果、睡眠不足が続くとうつのリスつが高くなるなどの悪影響が
出てくるといわれているのです。パニックを起こしやすくなったり、
正しい判断が出来なくなることもあります。

 

 

また、免疫力の低下も起こります。睡眠中に行われるはずの細胞の
修復が不十分になるため、免疫機能が弱くなってしまうのです。睡眠不足が
続いた後に、風邪をひいた経験をした人は多いのではないでしょうか。

 

 

このように十分でない睡眠は体に悪影響を及ぼします。
1日2日ならその後の睡眠時間を整えることで、大きな影響はないかも
しれませんが、慢性的に睡眠不足の人は 、何らかの対策が必要です。

 

 

テレビやパソコン、DVD観賞、ゲームなどついつい深夜までしてしまうと言う人は、
生活習慣の改善が必要です。特に明るい部屋で電子機器からの
光を浴びていると、体内時計も狂ってしまいます。

 

 

睡眠は人によって十分だと感じる時間が違いますが、海外の研究のデータに
よると、体に悪影響が出る睡眠の十分・不十分のボーダーラインは
6時間以下かそれ以上かで考えられることが多いようです。

 

 

無理に長く寝る必要はないと思いますが、自分のちょうど良い睡眠時間は?
と思う方は、6時間を目安にしてみてください。またその6時間の中に
夜の10時〜2時までが入るようにするのがベストです。

 

 

大人になると10時に寝るのは難しいですが、12時前に 布団に入り、
6時くらいに起きるという生活は理想だと思います。この状態を続けて
悪影響が無く体の調子がいいようなら、あなたのベスト睡眠と言えるでしょう。

関連ページ

睡眠不足が太る原因に?その理由はどうして?
睡眠不足が続くと太る原因になるといわれています。その理由を詳しく書いていきます。
睡眠不足だと風邪をひきやすくなる?ウイルスに負けない体の作り方
睡眠不足だと風邪をひきやすくなるのは本当か?ウイルスに負けない体はどうしたら作ることが出来るのか、書いていきたいと思います。
睡眠不足が脱毛を招く?髪を守るために必要な眠りの法則とは
睡眠不足が脱毛を招くというのは本当なのでしょうか。眠りが髪に与える本当の影響を書いていきます。
睡眠不足が続くと死ぬってうわさは本当か?
睡眠不足が続くと死ぬことがあると聞いたことはありませんか?そのうわさは本当なのでしょうか。詳しく書いていきます。
いくら寝ても眠いのは何か病気が隠れているから?
いくら寝ても眠い・・・ずっと今状態が続いているけど、何か病気がるんじゃないか?心配な方はこのページをどうぞ。
睡眠不足になると免疫力が低下してしまうの?健康に必要な眠りの時間
睡眠不足になると免疫力が低下してしまうのするのか?健康を維持するためには、最低どれくらいの眠りが必要が書いていきたいと思います。
睡眠不足による頭痛の対処法|今すぐなんとかしたいなら”これが効く”
睡眠不足で頭痛が起きてしなった時の対処法をご紹介します。今すぐやわらげたい時は、これが聞きます
睡眠不足に効く食べ物一覧|脳のリラックスを生み出す栄養素
睡眠不足に効く食べ物の一覧をご紹介します。これらの栄養素をうまく取り入れて、脳のリラックスを生み出すと、睡眠の質も変わります。