生活習慣病

内臓脂肪と運動

内臓脂肪を減らすには、運動がとても効果的だというのをご存知でしょうか?
運動と聞くと、それだけで尻ごみしたくなる人も多いと思いますが、
思ったより難しいことはありません。

 

 

内臓脂肪を溜めていくと、毎日の暮らしの中で一番大切な「健康」も
なくしてしまうことになり兼ねません。

 

 

内臓脂肪とは、その名の通り内臓の周りについた脂肪のことですが、
本来この脂肪はおなかを守ったり、エネルギーの元になったりと言う
役割も持っています。

 

 

問題なのは、この内臓脂肪が溜まりすぎてしまうこと。
それによって、様々な疾患の原因にもなる動脈硬化や高血圧になっていくのです。

 

 

内臓脂肪を減らすには

  

 

では、どうして内臓脂肪が溜まってしまったのでしょうか?
もう一度、自分のおなかを見ながら少し考えてみてください。

 

 

運動はしていますか?普段の食事はどんなメニューが多いですか?
寝不足や不規則な生活が日常化していますか?

 

 

おそらく内臓脂肪を運動で減らしたいと考える人の多くが、
これらの質問にいい答えを出せないのではないかと思います。
内臓脂肪の原因は、食べすぎと運動をしないこと、といっても過言ではありません。

 

 

でも逆を考えれば、この二つを何とかすれば減らすことができると言う訳です。
まず、脂肪の燃焼に有効な運動療法としては有酸素運動だと聞いたことが
ある人もいるでしょう。

 

 

この有酸素運動は、泳いだり歩いたりと言った動作によって取り入れることができます。
また、縄跳びなどの上下に飛ぶ運動もとても有効です。

 

 

内臓脂肪を減らしたダイエット

   

 

では早速運動を・・・と考えるその前に、一番大切なことを心に留めておいてください。
それは「毎日続けられる方法か」と言うことです。毎日の生活習慣の積み重ねの中で
ついたものですので、やはり毎日の積み重ねで燃焼していくことが大切だからです。

 

 

仕事の帰りに、プールで泳いぐことで気分も良くなり、ストレス発散にも繋がる人は
この方法がいいかもしれません。

 

 

仕事の帰りは疲れていて真っ直ぐ家に帰りたい人は、 朝会社に行くときに
今まで利用していた駅ではなく次の駅まで歩くことを取り入れるのがいいかもしれません。

 

 

歩くのも泳ぐのも嫌な人は一日のどこかの時間に縄跳びを
取り入れてみるのがいいかもしれません。

 

 

大切なことは続けることですので、自分が一番続きそうなものを選びましょう。
ちなみに私は、外を歩くのが一番好きです。季節によっていろいろな風景を楽しめるのと、
今まで知らなかった道を開拓したりできるからです。

 

 

内臓脂肪と食事の関係

 

 

内臓脂肪を減らす運動と同じくらい大切に考えたいのが、毎日の食事です。
食事のコントロールができるようになれば、運動ができない日が続いたとしても
安心できます。

 

 

内臓脂肪を溜めてしまう人の多くは、油分が多くカロリーの高い食事を好むようです。
でも、突然好きな食べ物をやめて低カロリーの食事に切り替えるのは、
ストレスが溜まって逆に続かないかもしれません。

 

 

外食の多い方はまずは一日おきに和食にする、 夜お酒を飲みに行くときは、
野菜を多く取り入れたメニューにするなどがいいと思います。 自分で食事を作る方は、
油を使わずに作れるメニューや野菜をふんだんに取り入れた メニューを心がけましょう。

生活習慣病記事一覧

デトックス効果のある食べ物

デトックスとは、体の中に蓄積された老廃物やいらないものを、体の外に出すことを言い、解毒とも呼ばれています。デトックスの方法はいろいろあり、 サプリメントやデトックス茶、粉末のファーバー(食物繊維)など様々なものがありますが、毎日の食べ物で体をきれいにすることはできないのでしょうか?体の中をきれいにす...

≫続きを読む

 

食生活を改善すると得られるメリット|健康を維持したい方は必見!

飽食の時代と言われる現代では、食生活の乱れが原因で健康を害する人が急増しています。脂肪分や糖分、塩分を取りすぎる食事を続けてしまうと、生活習慣病にかかるリスクを高めることになります。そのため、食生活を改善させて健康を維持させるための努力をしなければなりません。まず最初に行うべきなのは、自分の食生活の...

≫続きを読む

 

甘いものを食べ過ぎると糖尿病の危険大?!余分な糖分はこうして排出

日本では糖尿病患者が成人人口の約8.3%とされており、2011年には1070万人が悩まされています。甘いものを食べ過ぎると糖尿病になるというのは本当なのでしょうか。実際には、甘いものの食べ過ぎだけが原因ではありません。どんな物も、過剰に食べるというのはいい事ではありません。糖尿病の原因には遺伝因子と...

≫続きを読む

 

機能性表示食品の安全性は?本当に健康になれるの?

機能性表示食品が始まってから少し時間が経ちましたが、テレビで特集していたのを観て、いろいろ疑問に思ったので、調べてみました。まずトクホとの違いですが。調べてもあまり良く分からなかったのですが、ようはトクホほど断言しないけど、同じように健康に役立ったりすると書いても良い食品のようです。これを食べるとこ...

≫続きを読む