rice処置 方法

rice処置の方法|様々な怪我を速やかに治すために

rice処置とは人間の体に傷害を負ってしまった際に行う
応急処置の基本法になります。

 

 

rがrest(安静)、iがice(冷却)、cがcompression(圧迫・固定)、
eがElevation(拳上)になり、これをrから順番に行っていく
処置方法になります。

 

 

このrice処置が迅速であればあるほど、その後の怪我の回復が
早くなりますので、スポーツを行う方はもちろん、そうでない方も
しっかりと覚えておきましょう。

 

 

まずrの安静は怪我をしてしまったところを動かさずに安静にします。
これは無理に動かしてしまうことで怪我を悪化させてしまうことを
防ぐために重要になります。

 

 

また足などを怪我した場合には体重がかからないようにしましょう。
次に行うのはiの冷却になります。

 

 

怪我をした患部を冷却することで内出血や炎症を抑え、
症状の悪化を抑え痛みを軽減させていきます。
冷却の方法は氷をビニール袋などに入れ、それを患部に当てます。

 

 

そして当て続けているとピリピリとした痛みが出てきて、その後感覚が
なくなってきます。

 

 

そうしたら一度アイシングを止め、再び痛みが出始めたら
アイシングを再開します。
これを大体24時間から48時間ぐらい行っていきます。

 

 

次にcの圧迫・固定を行います。これは包帯やテーピング、または
添え木などをして患部を動かないように固定をしていきます。
また適度に圧迫をすることで治りが早くなります。

 

 

この処置はアイシングを行うときとほぼ同時に行います。
最後にeの拳上を行っていきます。

 

 

これは怪我をした患部を心臓よりも高い位置にすることで、血液を
患部に流さないようにして、内出血を抑える為に行います。
この方法は椅子やクッションなど高さを合わせて選びましょう。

 

 

このrice処置に対応できる怪我は捻挫や打撲、肉離れなど様々な
症状に対応できますので、もし自分自身が怪我をしてしまった時や
周りの人が怪我をしてしまった時には、この処置を行ってください。

関連ページ

ぎっくり腰の応急処置
ぎっくり腰の応急処置の方法、症状と原因の解説、予防法、ぎっくり腰を繰り返さない日常生活の注意点など。
熱中症の応急処置|意外な症状を見逃さず早めの対処を
熱中症の応急処置は、意外な症状を見逃さず、早めに対応すると、重い症状にならなくて済みます。
歯が痛い時の応急処置|クリニックに行く時間がないときの対処法
歯が痛い時の応急処置をご紹介します。クリニックに行くまでの間や、行く時間がないときに役立つ対処法です。
貧血の時の応急処置|思わぬ転倒を防ぐためにまずすること
貧血を起こした時の応急処置は転倒などの怪我を防ぐためにまずすることと、頭に血液が行かなくなった状態を回避することが大切です。
ものもらいの応急処置|初期のセルフケアで悪化を回避
ものもらいははじめの応急処置がとても大切です。初期のセルフケアをしっかりすれば、悪化を回避し、眼科へ行かなくても治ります。
正しい突き指の応急処置|内出血を抑え回復を早めるには
正しい突き指の応急処をご紹介します。内出血を抑え回復を早めるにとても大切です。
リンパが腫れた時の応急処置|痛みや炎症を軽くするには
リンパが腫れた時の応急処置をご紹介します。痛みや炎症を軽くするために必要なことを書いていきます。
血圧を下げるための応急処置|日常生活にすぐに取り入れられる方法
血圧を下げるための応急処置をご紹介します。日常生活にすぐに取り入れ、健康を維持するためにお役立てください。
捻挫した時の応急処置【冷→温】で腫れや痛みを最小限に
捻挫した時の応急手当捻挫した時の応急処置【冷やす→温ためる】で腫れや痛みを最小限に抑える方法
低温やけどの応急処置|冷やす時間はどれくらいが適切?
低温やけどを起こしたときは、どのような応急処置が必要なのでしょうか?冷やす時間などをご紹介します。
蜂にさされた時の応急処置|慌てずにこの手順で進めてください
蜂にさされた時の応急処置をご紹介します。びっくりして慌ててしまいそうですが、まずこの手順で進めてください
化膿を防ぐ傷口の応急処置とは|患部を清潔に保つ消毒の手順
化膿を防ぐ傷口の応急処置の手順をご紹介します。
ワキガのニオイを抑える応急処置|脇の下にこれを使うと効果的です
汗をかいてワキガのニオイが気になったら、これを使って応急処置するといいですよ。また脇の下を清潔に保つ方法もご紹介しています。
スポーツ時の怪我の応急処置を学び、資格を取りたい方へ
スポーツ時に起きた怪我の応急処置が学べる様々な講習や資格をご紹介します。