熱中症 応急処置

熱中症の応急処置|意外な症状を見逃さず早めの対処を

熱中症とは主に夏の炎天下に長時間いたときに起きる症状で、
発汗や循環機能・体温調節機能の異常から起こるさまざまな
体の不調を総称したものです。

 

 

熱中症の応急処置は症状によって変わってきますが、共通してまず最初に
行うべきことがあります。熱中症かもしれないと思ったら、すみやかに涼しい
日陰やエアコンの効いた室内などに移動し、衣服を緩めて休みます。

 

 

次に冷たい水で濡らしたタオルを手足に当てたり、うちわなどで仰いで
風を送ったりして体を冷やします。水分補給も大切です。

 

 

このとき注意するのは、水だけでなく汗によって失われた塩分も
同時に補給する必要があるということです。
水よりもスポーツドリンクや経口補水液の方が適しています。

 

 

熱中症の症状別の応急処置ですが、筋肉痛、手足がつる、筋肉が
けいれんする、などの症状が見られる熱けいれんの場合は生理食塩水
(0.9%の食塩水)やスポーツドリンクを補給し、けいれんしている部分を
マッサージします。

 

 

血圧が低下していることもあるので、足を高くして(30cmぐらい)寝かせます。
血圧が低下して脈が速く弱くなり、めまいや失神、顔面蒼白などの症状が出る
熱失神や、汗をかきすぎて脱水症状になり吐き気や頭痛・だるさなどの症状が
出る熱疲労の場合は、涼しいところで安静にして水分を補給すれば回復します。

 

 

もし、万が一症状が重くショック症状を起こしているときは病院へ行きましょう。
熱射病は最も危険な状態です。

 

 

体温調節の中枢機能が麻痺して体温が40度以上に上昇し、吐き気や頭痛、
意識障害や不自然な言動など深刻な症状が起きます。緊急入院の
必要があります。

 

 

応急処置としては全身に水をかけたり風を当てたり、首筋やワキの下・
鼠頸部など太い血管のあるところにアイスパックを当てるなどして
とにかく冷やします。

 

 

なお熱中症の初期症状としては、手が冷たくなる、皮膚がカサカサになる、
爪を押してピンク色に戻るのに3秒以上かかる、など意外な症状が
でることもあるので注意が必要です。

関連ページ

ぎっくり腰の応急処置
ぎっくり腰の応急処置の方法、症状と原因の解説、予防法、ぎっくり腰を繰り返さない日常生活の注意点など。
歯が痛い時の応急処置|クリニックに行く時間がないときの対処法
歯が痛い時の応急処置をご紹介します。クリニックに行くまでの間や、行く時間がないときに役立つ対処法です。
貧血の時の応急処置|思わぬ転倒を防ぐためにまずすること
貧血を起こした時の応急処置は転倒などの怪我を防ぐためにまずすることと、頭に血液が行かなくなった状態を回避することが大切です。
ものもらいの応急処置|初期のセルフケアで悪化を回避
ものもらいははじめの応急処置がとても大切です。初期のセルフケアをしっかりすれば、悪化を回避し、眼科へ行かなくても治ります。
正しい突き指の応急処置|内出血を抑え回復を早めるには
正しい突き指の応急処をご紹介します。内出血を抑え回復を早めるにとても大切です。
rice処置の方法|様々な怪我を速やかに治すために
rice処置の方法のご紹介。様々な怪我を速やかに治すために必要なこととは。
リンパが腫れた時の応急処置|痛みや炎症を軽くするには
リンパが腫れた時の応急処置をご紹介します。痛みや炎症を軽くするために必要なことを書いていきます。
血圧を下げるための応急処置|日常生活にすぐに取り入れられる方法
血圧を下げるための応急処置をご紹介します。日常生活にすぐに取り入れ、健康を維持するためにお役立てください。
捻挫した時の応急処置【冷→温】で腫れや痛みを最小限に
捻挫した時の応急手当捻挫した時の応急処置【冷やす→温ためる】で腫れや痛みを最小限に抑える方法
低温やけどの応急処置|冷やす時間はどれくらいが適切?
低温やけどを起こしたときは、どのような応急処置が必要なのでしょうか?冷やす時間などをご紹介します。
蜂にさされた時の応急処置|慌てずにこの手順で進めてください
蜂にさされた時の応急処置をご紹介します。びっくりして慌ててしまいそうですが、まずこの手順で進めてください
化膿を防ぐ傷口の応急処置とは|患部を清潔に保つ消毒の手順
化膿を防ぐ傷口の応急処置の手順をご紹介します。
ワキガのニオイを抑える応急処置|脇の下にこれを使うと効果的です
汗をかいてワキガのニオイが気になったら、これを使って応急処置するといいですよ。また脇の下を清潔に保つ方法もご紹介しています。
スポーツ時の怪我の応急処置を学び、資格を取りたい方へ
スポーツ時に起きた怪我の応急処置が学べる様々な講習や資格をご紹介します。