蜂 さされ, 急処置

蜂にさされた時の応急処置|慌てずにこの手順で進めてください

キャンプをしたり、外遊びをしたりしているときに、蜂にさされて
しまうことがあるかもしれません。森林などがなくても家の軒先にも
蜂の巣があったりするので、どこでさされるかわからないので注意が必要です。

 

 

「蜂にさされた」といっても、蜂の種類や状況によっても症状が変わってきます。
まず日常で、よく見かけるミツバチは、蜂さされの中でも比較的軽度で、
直後は痛みを伴いますが、だんだんと治まります。

 

 

患部は少し赤くなり、腫れます。
次に足長バチは、ミツバチよりも強い痛みがあり、大きく腫れ、
重症の場合には、じんましん・発熱・嘔吐の症状がみられることがあります。

 

 

そして中でも怖いのが、スズメバチです。
直後に激痛が走り、広範囲に赤く腫れ、重症の場合は、発熱・
嘔吐・呼吸困難・肝機能障害を起こすことがあります。

 

 

更にはアナフィラキシーショックに陥ると、命の危険性も生じます。
ではこのような場合の応急処置なのですが、まずどのような蜂に
さされた場合でも、襲われたならば近くに巣があるかもしれないので、
その場所を離れましょう。

 

 

そして、患部に針が残っていると、蜂の針の根元に毒があり、
毒が脈打ち、どんどん体内に毒が入ってしまうので、
できるだけ早く抜きましょう。

 

 

この時に針を指でつまむと毒が手についたり、毒を押し出して
しまうことがあるので、毛抜きで抜くか、横に払って落とすように
注意しましょう。

 

 

そして、患部の周囲を強くつまみ、毒をつまみ出すか、吸い出しましょう。
この時も吸い出した毒は飲み込まないように、
吐き出すようにし、水で洗います。

 

 

本人が元気そうでも、1時間以内ぐらいに何らかの症状が
出る可能性があるので、激しい動作をせず、安静にして
局所を冷やして様子を見ましょう。

 

 

痛みや、かゆみ、腫れがひどい場合には応急処置の後に、
病院で受診するようにしましょう。

 

 

蜂にさされると、びっくりしてパニックになりそうですが、
まずは慌てずに落ち着いて応急処置が出来ると良いでしょう。
もちろん強い症状が現れた場合には、すぐに救急車を呼びましょう。

関連ページ

ぎっくり腰の応急処置
ぎっくり腰の応急処置の方法、症状と原因の解説、予防法、ぎっくり腰を繰り返さない日常生活の注意点など。
熱中症の応急処置|意外な症状を見逃さず早めの対処を
熱中症の応急処置は、意外な症状を見逃さず、早めに対応すると、重い症状にならなくて済みます。
歯が痛い時の応急処置|クリニックに行く時間がないときの対処法
歯が痛い時の応急処置をご紹介します。クリニックに行くまでの間や、行く時間がないときに役立つ対処法です。
貧血の時の応急処置|思わぬ転倒を防ぐためにまずすること
貧血を起こした時の応急処置は転倒などの怪我を防ぐためにまずすることと、頭に血液が行かなくなった状態を回避することが大切です。
ものもらいの応急処置|初期のセルフケアで悪化を回避
ものもらいははじめの応急処置がとても大切です。初期のセルフケアをしっかりすれば、悪化を回避し、眼科へ行かなくても治ります。
正しい突き指の応急処置|内出血を抑え回復を早めるには
正しい突き指の応急処をご紹介します。内出血を抑え回復を早めるにとても大切です。
rice処置の方法|様々な怪我を速やかに治すために
rice処置の方法のご紹介。様々な怪我を速やかに治すために必要なこととは。
リンパが腫れた時の応急処置|痛みや炎症を軽くするには
リンパが腫れた時の応急処置をご紹介します。痛みや炎症を軽くするために必要なことを書いていきます。
血圧を下げるための応急処置|日常生活にすぐに取り入れられる方法
血圧を下げるための応急処置をご紹介します。日常生活にすぐに取り入れ、健康を維持するためにお役立てください。
捻挫した時の応急処置【冷→温】で腫れや痛みを最小限に
捻挫した時の応急手当捻挫した時の応急処置【冷やす→温ためる】で腫れや痛みを最小限に抑える方法
低温やけどの応急処置|冷やす時間はどれくらいが適切?
低温やけどを起こしたときは、どのような応急処置が必要なのでしょうか?冷やす時間などをご紹介します。
化膿を防ぐ傷口の応急処置とは|患部を清潔に保つ消毒の手順
化膿を防ぐ傷口の応急処置の手順をご紹介します。
ワキガのニオイを抑える応急処置|脇の下にこれを使うと効果的です
汗をかいてワキガのニオイが気になったら、これを使って応急処置するといいですよ。また脇の下を清潔に保つ方法もご紹介しています。
スポーツ時の怪我の応急処置を学び、資格を取りたい方へ
スポーツ時に起きた怪我の応急処置が学べる様々な講習や資格をご紹介します。