男性の体に関する悩み

尿道炎の症状

尿道炎とは、尿の通り道が炎症を起こしていることです。
主に男性がかかることが多く排尿の時に 痛みがありますので、
比較的気づきやすい病気と言えます。

 

 

痛みの出方は感染した最近や微生物に よって異なり、
急激に痛くなるものとあまり痛くないものがあります。

 

 

痛み以外の症状では、尿が近くなったり、透明またはきみどりの分泌物が
出ることがありますが、 これらの症状が出る頃には尿道炎が進行している
ことが多いのです。

 

 

尿道炎の原因

 

尿道炎の原因は、尿道から淋菌(淋菌性尿道炎と言う)、大腸菌、クラミジア、
マイコプラズマ、 ウレアプラズマ・ウレアリティクム、腟トリコモナス
(非淋菌性尿道炎と言う)などが入ることによります。
感染経路は、性行為がほとんどです。感染する原因によって、3つに区別されます。

 

 

淋菌性尿道炎

 

潜伏期間はおおよそ2日から1週間です。排尿時に激痛を伴います。
放置すると淋菌による炎症が 前立腺まで広がってしまったり、慢性化の原因にもなります。

 

クラミジア性尿道炎

 

潜伏期間は2〜3週間です。むず痒さと排尿時の痛みがあまり強くないのが特徴です。

 

その他の尿道炎

 

そのほとんどが症状があまりないといわれていますが、人によっては軽いかゆみが
起こったり 時には淋菌性のような激痛を伴うこともあります。

 

 

尿道炎の治療と薬

 

 

尿道炎の診断は、尿検査と分泌物の原因の特定が行われます。
治療には、内服薬が使われます。症状がなくなっても自分で勝手に判断して
薬をやめたりせず、決められた期間はきちんと服用してください。

 

 

ごく軽い場合は自然治癒もあるようですが、自分でどのくらいまで進行しているかなど、
判断することはできません。排尿時に異常を感じたら、泌尿器科を早く受診してください。

 

 

また、パートナーが相手であっても、風俗などを利用するときでも、
コンドームが一番の予防になります。 決ったパートナーがいる場合は、
相手の治療が必要になることもあります。同時に治療を始めることで再発を防ぎます。