つわり 仕事 休む 基準

つわりで仕事を休む基準が知りたい|体調を明確にするのに必要なこと

妊娠している働く女性にとって気がかりなのが、つわりの問題です。
つわりは妊娠初期にみられる症状ですので、産休を取るという事も
出来ない場合が多いのではないでしょうか。

 

 

人によって個人差は大きいようですが、妊娠4週から、
12週のあいだにつわりの症状に苦しむ人は多いようです。

 

 

全く経験せずにその期間を過ごす場合もあるのですが、多くの妊婦さんは
何らかの症状を感じることになります。最も多いのが、吐き気でしょう。

 

 

何とも言えずムカムカとした気分になり、食べても吐いてしまったり、
逆にお腹がすくと、吐き気を覚えることもあります。

 

 

においに敏感にもなるので、通勤電車の車内や、たばこのにおいに
敏感になり、出社するのもおっくうになってしまうかもしれません。

 

 

どうしてもつらい症状がある場合には、仕事にも支障が出てしまうことも
考えられるので、いっそのこと仕事を休むことも検討したいところです。

 

 

しかし、今現在、つわりが原因で仕事を休む、明確な基準のようなものは
存在していません。あくまで自己責任、自己判断の世界なのです。

 

 

症状のひどさには個人差がありますし、どの程度の体調不良なら
仕事をこなせる環境にあるかも、職場によってさまざまでしょう。
明確な基準がない以上、ケースバイケースになっているのが実情のようです。

 

 

堂々と仕事を休むことがはばかられるようなら、一度産婦人科での
診察を受けてみるのがいい方法でしょう。
あまりにひどいつわりの場合には、妊娠悪阻という診断が下りるようです。

 

 

吐いてばかりいると、尿中のケトン体の値が上昇します。
この検査結果と、症状によって診断されます。
医師の診察を受けることで、症状を説明しやすくなることも考えられます。

 

 

つわりといえども場合によっては、点滴で脱水症状に対する処置を
受けなくてはなりませんし、ひどい場合には入院をしなければならない
こともある大きな問題なのです。

 

 

仕事を休めないという事情があれど、赤ちゃんのことを
第一に考えて行動することが重要です。

関連ページ

妊娠中は体臭がきつくなるってホント?匂いを減らすために心がけること
妊娠中は体臭がきつくなることがあります。ちょっとした心がけで匂いを減らし、健やかな妊婦生活を送れるようになります。
妊娠中に風邪を引いてしまったら、胎児にどう影響するのか?
妊娠中にうっかり風邪を引くと、お腹の赤ちゃんが心配ですね。お母さんの体に起こった変化が、胎児にどう影響するのかを書いていきたいと思います。
妊娠中のイライラが辛い|気分を緩やかに保つ工夫とは
妊娠中はイライラすることが多く、ちょっとしたことで腹が立ったりします。その原因となるべく穏やかに過ごすための対策をご紹介します。
妊娠中の体重の増えすぎを防ぐ|日課にしたいセルフコントロール法
妊娠中に体重が増えすぎると、様々なリスクが伴います。増え過ぎを防ぐ、日課にしたいコントロール法とは
妊婦さんのダイエットと食事制限|ご飯を減らすより安全な方法は?
妊婦さんは体重制限があるため、ダイエットや食事制限を考える人が多いようです。ご飯を減らすよりリスクなく出来る方法をご紹介します。
妊娠中の旅行はどれくらい危険?安定期でも母体に迫るリスクとは
妊娠中の旅行はどれくらい危険うのでしょうか。安定期に入っていても母体に迫るリスクとは
妊婦になったら食事で食べてはいけないもの|胎児に影響するリスト一覧
妊婦になったら食事で食べてはいけないものがあります。胎児に影響すると言われる食材の一覧です。
食べづわりの良い対策を教えて!空腹時のムカムカを軽減する方法
食べづわりはちょっとした対策を取り入れることで、空腹時のムカムカを軽くすることができます。気持ち悪くてついつい食べちゃう人は、参考にしてください。
妊娠中治らない痔の悩み|改善するために最も大切なことは?
妊娠中なかなか治らない痔。改善するために最も大切なことをご紹介します。
妊娠中の辛い便秘の対処法|いきむのが怖い時はこうしよう
妊娠中は辛い便秘に悩まされることが多いもの。いきむのも怖くなりますね。そうした時の対処法と自分でできる改善法のご紹介です。