妊娠中 風邪 胎児 影響

妊娠中に風邪を引いてしまったら、胎児にどう影響するのか?

妊娠をすると、身体の免疫力が低下することがあるため、
注意をしていても風邪をひいてしまうことがあります。

 

 

軽い程度の風邪であれば、くしゃみや鼻詰まり、微熱程度ですむことが
多いので、2、3日ぐらいで治ることが多いです。

 

 

ビタミンCなどを豊富に含んでいる栄養価の高い食品を食べるようにしたり、
十分な睡眠を取るようにしましょう。

 

 

風邪のウイルスが胎盤を通って、胎児に影響を与えるということはないので、
軽い風邪の場合は特に問題はありません。

 

 

うっかりと、妊娠中に風邪をひいてしまったら、室内を乾燥させないように
加湿器を使用したり、外出を控えるようにして、十分に休息を取ることが
大切です。

 

 

無理をして、家事をすると悪化してしまう場合があるので、
無理のない程度に行うようにして下さい。

 

 

軽い程度であれば問題がありませんが、悪化をさせてしまうと、
咳やたん、38度以上の発熱などが見られる場合があります。

 

 

もしも、悪化してしまったら、放置をせずに信頼できる病院に通院をすることが
大切です。妊娠中は、なるべく薬を服用しないほうが良いですが、
症状によっては薬の処方が必要になる場合があります。

 

 

通院をしている産婦人科などでは、漢方薬などの胎児に影響の少ない
薬を処方してもらえるので、しばらく服用することが大切です。

 

 

産婦人科で処方される薬は、安全性が高いので、胎児にはほとんど
悪影響はありません。妊娠中は、インフルエンザなどが流行をしている時期は、
人ごみなどを避けるようにして外出を控えるようにしましょう。

 

 

通常の風邪の場合は、安静を心掛けることで、改善することが多いため、
あまり神経質にならないようにしましょう。

 

 

どうしても外出しなければならない時は、マスクなどを着用するようにしたり、
手洗いやうがいをこまめに行うようにして下さい。

 

 

軽い程度の症状の場合は、入浴をすることが出来るので、ゆっくりと入浴をして
体を温めるようにして下さい。妊娠初期は、胎児が成長する時期なので、
健康管理には十分気を付けることが大切です。

関連ページ

妊娠中は体臭がきつくなるってホント?匂いを減らすために心がけること
妊娠中は体臭がきつくなることがあります。ちょっとした心がけで匂いを減らし、健やかな妊婦生活を送れるようになります。
妊娠中のイライラが辛い|気分を緩やかに保つ工夫とは
妊娠中はイライラすることが多く、ちょっとしたことで腹が立ったりします。その原因となるべく穏やかに過ごすための対策をご紹介します。
妊娠中の体重の増えすぎを防ぐ|日課にしたいセルフコントロール法
妊娠中に体重が増えすぎると、様々なリスクが伴います。増え過ぎを防ぐ、日課にしたいコントロール法とは
妊婦さんのダイエットと食事制限|ご飯を減らすより安全な方法は?
妊婦さんは体重制限があるため、ダイエットや食事制限を考える人が多いようです。ご飯を減らすよりリスクなく出来る方法をご紹介します。
妊娠中の旅行はどれくらい危険?安定期でも母体に迫るリスクとは
妊娠中の旅行はどれくらい危険うのでしょうか。安定期に入っていても母体に迫るリスクとは
妊婦になったら食事で食べてはいけないもの|胎児に影響するリスト一覧
妊婦になったら食事で食べてはいけないものがあります。胎児に影響すると言われる食材の一覧です。
食べづわりの良い対策を教えて!空腹時のムカムカを軽減する方法
食べづわりはちょっとした対策を取り入れることで、空腹時のムカムカを軽くすることができます。気持ち悪くてついつい食べちゃう人は、参考にしてください。
つわりで仕事を休む基準が知りたい|体調を明確にするのに必要なこと
つわりで仕事を休む基準は会社や妊婦さんそれぞれの体調にとっても違うようですが、明確に示すためには、医師の診断も必要になることがあります。
妊娠中治らない痔の悩み|改善するために最も大切なことは?
妊娠中なかなか治らない痔。改善するために最も大切なことをご紹介します。
妊娠中の辛い便秘の対処法|いきむのが怖い時はこうしよう
妊娠中は辛い便秘に悩まされることが多いもの。いきむのも怖くなりますね。そうした時の対処法と自分でできる改善法のご紹介です。