妊娠中 体重 増えすぎ

妊娠中の体重の増えすぎを防ぐ|日課にしたいセルフコントロール法

一昔前までは、妊娠したら赤ちゃんの分まで2人分食べなければならないと
いわれていたようですが、現代の妊婦さんにはそのような食事は御法度です。

 

 

妊娠したことが分かったその瞬間から、気を付けなければならないのは
体重の急激な、過剰な増加です。もともとの体型、体重にもよりますが、
一般的に増えてもよいとされるのは7~kgまでとされているようです。

 

 

その内訳は、赤ちゃんが3kg、胎盤や羊水が1kg、残りの3~4kgは増加していく
血液や、必要な脂肪分、大きくなる子宮の重さです。
あまりに体重が増えすぎると、母体や赤ちゃんにどのような影響があるのでしょうか。

 

 

まずは、妊娠中毒症のリスクです。胎盤の働きが弱まってしまうこの病気は、
早産の可能性を高めてしまいます。
そして、妊娠糖尿病のリスクが高くなることが挙げられます。

 

 

赤ちゃんが巨大児になりやすいとされていて、出産時のリスクが高まります。
巨大な赤ちゃんは内臓などが未熟で、ひ弱になってしまうという傾向もあるようです。

 

 

そのほかに、重くなった体を支えられず、腰に負担がかかったり、
産道に脂肪が付き過ぎてしまうので、難産のリスクが高まってしまう
ことも考えられます。

 

 

妊娠中の体重の増えすぎを防ぐには、どのような点に気を付けるべきなのでしょうか。
まずは、適度な運動を取り入れることが大切です。
妊娠中だからといって、安静にし過ぎているのはよくありません。

 

 

医師から安静の支持が出ていないのであれば、負担のかかりすぎない
ウォーキングを日常に取り入れてみましょう。
ウォーキングといっても、散歩で十分です。

 

 

お腹の張りを感じたらすぐに休憩するなどして、妊娠中を通じて
おすすめの運動です。あとは、食事管理です。

 

 

妊娠中だからといって、必要以上に食事を増やさなくても構いません。
重要なのは、必要な栄養を取ることです。普段は気を付けていても、
イベントや帰省の時期には、体重が増加しがちですので気を付けましょう。

関連ページ

妊娠中は体臭がきつくなるってホント?匂いを減らすために心がけること
妊娠中は体臭がきつくなることがあります。ちょっとした心がけで匂いを減らし、健やかな妊婦生活を送れるようになります。
妊娠中に風邪を引いてしまったら、胎児にどう影響するのか?
妊娠中にうっかり風邪を引くと、お腹の赤ちゃんが心配ですね。お母さんの体に起こった変化が、胎児にどう影響するのかを書いていきたいと思います。
妊娠中のイライラが辛い|気分を緩やかに保つ工夫とは
妊娠中はイライラすることが多く、ちょっとしたことで腹が立ったりします。その原因となるべく穏やかに過ごすための対策をご紹介します。
妊婦さんのダイエットと食事制限|ご飯を減らすより安全な方法は?
妊婦さんは体重制限があるため、ダイエットや食事制限を考える人が多いようです。ご飯を減らすよりリスクなく出来る方法をご紹介します。
妊娠中の旅行はどれくらい危険?安定期でも母体に迫るリスクとは
妊娠中の旅行はどれくらい危険うのでしょうか。安定期に入っていても母体に迫るリスクとは
妊婦になったら食事で食べてはいけないもの|胎児に影響するリスト一覧
妊婦になったら食事で食べてはいけないものがあります。胎児に影響すると言われる食材の一覧です。
食べづわりの良い対策を教えて!空腹時のムカムカを軽減する方法
食べづわりはちょっとした対策を取り入れることで、空腹時のムカムカを軽くすることができます。気持ち悪くてついつい食べちゃう人は、参考にしてください。
つわりで仕事を休む基準が知りたい|体調を明確にするのに必要なこと
つわりで仕事を休む基準は会社や妊婦さんそれぞれの体調にとっても違うようですが、明確に示すためには、医師の診断も必要になることがあります。
妊娠中治らない痔の悩み|改善するために最も大切なことは?
妊娠中なかなか治らない痔。改善するために最も大切なことをご紹介します。
妊娠中の辛い便秘の対処法|いきむのが怖い時はこうしよう
妊娠中は辛い便秘に悩まされることが多いもの。いきむのも怖くなりますね。そうした時の対処法と自分でできる改善法のご紹介です。