妊娠中 旅行 危険

妊娠中の旅行はどれくらい危険?安定期でも母体に迫るリスクとは

妊娠中に旅行に行きたいと思うことがあるかもしれません。
しかし、やむをえぬ事情がないのであれば、行かないほうが無難です。
妊娠中の旅行は危険と隣合わせであるためです。

 

 

妊娠5ヶ月をすぎれば、安定期だから出かけても大丈夫と
考える人が多いですが、そこに間違いがあります。

 

 

安定期というのは赤ちゃんを流産、早産したりする可能性が
低くなったということではないのです。
赤ちゃんと母親を繋ぐ胎盤の血管が完成する時期なのです。

 

 

つまり、赤ちゃんがお腹の中で育っていくことが出来る環境が整ったと
いうことであり、流産、早産の可能性というものは妊娠をしている限り、
出産するまでずっとありつづけるのです。

 

 

いつ病院へ駆け込むことになってもおかしくないのです。
この事を理解せずに旅行に行った場合、飛び込み出産になってしまう
可能性が出てきます。

 

 

無理な移動などでストレスがかかったり、環境の変化で体調が変化したりします。
妊婦の身体は普通とは全く違うので、どのようなことが原因で、
流産、早産になるかわからないのです。

 

 

また、飛び込み出産とは、まったく今まで検診を受けた事もない
初めての病院で出産をすることです。
病院側は当然、今までの経緯も身体についても全くわかりません。

 

 

そのため、母子ともに危険性がとても高くなってしまうのです。
また、もし海外で出産をすることになってしまった場合、
高額な費用を請求される可能性があります。

 

 

アメリカなどで出産する場合、正常分娩で8000ドル、帝王切開で
15000ドルです。これらは1泊2日の出産費用で、長期にわたると
もっと金額はあがっていきます。

 

 

何か問題があった場合は、数千万円になることもあるのです。
もちろん、国内だからと言って、安全な訳ではありません。

 

 

旅行に行くことで、母子ともに危険性にさらされる可能性が
あるのだということを、しっかり認識する必要があるのです。

 

 

やむをえぬ事情がない限り、母子ともに命を守るためにも、
妊娠中の旅行は控えた方がよいでしょう。

関連ページ

妊娠中は体臭がきつくなるってホント?匂いを減らすために心がけること
妊娠中は体臭がきつくなることがあります。ちょっとした心がけで匂いを減らし、健やかな妊婦生活を送れるようになります。
妊娠中に風邪を引いてしまったら、胎児にどう影響するのか?
妊娠中にうっかり風邪を引くと、お腹の赤ちゃんが心配ですね。お母さんの体に起こった変化が、胎児にどう影響するのかを書いていきたいと思います。
妊娠中のイライラが辛い|気分を緩やかに保つ工夫とは
妊娠中はイライラすることが多く、ちょっとしたことで腹が立ったりします。その原因となるべく穏やかに過ごすための対策をご紹介します。
妊娠中の体重の増えすぎを防ぐ|日課にしたいセルフコントロール法
妊娠中に体重が増えすぎると、様々なリスクが伴います。増え過ぎを防ぐ、日課にしたいコントロール法とは
妊婦さんのダイエットと食事制限|ご飯を減らすより安全な方法は?
妊婦さんは体重制限があるため、ダイエットや食事制限を考える人が多いようです。ご飯を減らすよりリスクなく出来る方法をご紹介します。
妊婦になったら食事で食べてはいけないもの|胎児に影響するリスト一覧
妊婦になったら食事で食べてはいけないものがあります。胎児に影響すると言われる食材の一覧です。
食べづわりの良い対策を教えて!空腹時のムカムカを軽減する方法
食べづわりはちょっとした対策を取り入れることで、空腹時のムカムカを軽くすることができます。気持ち悪くてついつい食べちゃう人は、参考にしてください。
つわりで仕事を休む基準が知りたい|体調を明確にするのに必要なこと
つわりで仕事を休む基準は会社や妊婦さんそれぞれの体調にとっても違うようですが、明確に示すためには、医師の診断も必要になることがあります。
妊娠中治らない痔の悩み|改善するために最も大切なことは?
妊娠中なかなか治らない痔。改善するために最も大切なことをご紹介します。
妊娠中の辛い便秘の対処法|いきむのが怖い時はこうしよう
妊娠中は辛い便秘に悩まされることが多いもの。いきむのも怖くなりますね。そうした時の対処法と自分でできる改善法のご紹介です。