妊娠中 イライラ

妊娠中のイライラが辛い|気分を緩やかに保つ工夫とは

女性が妊娠すると、様々な変化が体と心に現れてきます。
原因は環境的なものと身体的なものがありますが、体の中のホルモンの
バランスが大きく変化することにより、心にも大きな影響を与えます。

 

 

特に、妊娠中に変化するホルモンは二種類あり、その一つが
黄体女性ホルモンである「プロゲステロン」です。

 

 

妊娠すると、ひたすら増え続け、その働きにより、赤ちゃんの成長のための
子宮の状態を整えて、胎盤を完成させていき、しっかり子宮内で育つよう
流産を防止する働きがあります。

 

 

しかし、その分泌のために、自律神経に影響してイライラしたり、憂うつな
気分が強く続きます。また、つわりの症状である吐き気・だるさ・不眠、
さらには便秘にも影響するといわれ、心身共に、かなりの不調を感じます。

 

 

また、紫外線にも弱くなり、日焼けしやすい、シミができやすいといった
症状が現れることもあります。
ただしこれも、ホルモンの関係なので、出産してからシミは少しずつ消えていきます。

 

 

さらに「エストロゲン」というホルモンも、体に必要なホルモンです。
こちらは、胎児の成長に合わせて子宮を大きくしていき、母乳を作る準備をします。
乳房の周りに、はりめぐらされている乳腺を発達させていくのです。

 

 

この二つとも、赤ちゃんにとっては、極めて大切な成分なので、
しっかり赤ちゃんが大きく成長するまで、分泌し続けるので、
母体は妊娠中のイライラと、ゆっくり付き合っていく必要があります。

 

 

そして、このホルモンの分泌が増加し始めるころは、
妊婦さんをとりまく環境にも、大きな変化が訪れます。

 

 

仕事や経済的なことで悩んだり、診察を受ける病院や出産する場所や、
いろいろと決めていかなければならないことで、いっぱいです。
また、本人の体調不良に伴い、周囲の態度にも変化が起きます。

 

 

思いやりのある言葉だったり、励ましの言葉だったり、しかし、不安定な心には、
それもまた負担となり、イライラの原因の一つとなることもあります。

 

 

ホルモンの影響による妊娠中のイライラは、基本的に出産まで続くので、
安全な状態なら、外に出て気を紛らわしたり、室内なら好きな事や
ゆったり過ごす工夫があると良いのです。

 

 

大切なのは、妊娠中のイライラは、仕方がなく、体にとっては必要な事なので、
ストレスを溜めない工夫をしながら過ごしていく、という事なのです。

関連ページ

妊娠中は体臭がきつくなるってホント?匂いを減らすために心がけること
妊娠中は体臭がきつくなることがあります。ちょっとした心がけで匂いを減らし、健やかな妊婦生活を送れるようになります。
妊娠中に風邪を引いてしまったら、胎児にどう影響するのか?
妊娠中にうっかり風邪を引くと、お腹の赤ちゃんが心配ですね。お母さんの体に起こった変化が、胎児にどう影響するのかを書いていきたいと思います。
妊娠中の体重の増えすぎを防ぐ|日課にしたいセルフコントロール法
妊娠中に体重が増えすぎると、様々なリスクが伴います。増え過ぎを防ぐ、日課にしたいコントロール法とは
妊婦さんのダイエットと食事制限|ご飯を減らすより安全な方法は?
妊婦さんは体重制限があるため、ダイエットや食事制限を考える人が多いようです。ご飯を減らすよりリスクなく出来る方法をご紹介します。
妊娠中の旅行はどれくらい危険?安定期でも母体に迫るリスクとは
妊娠中の旅行はどれくらい危険うのでしょうか。安定期に入っていても母体に迫るリスクとは
妊婦になったら食事で食べてはいけないもの|胎児に影響するリスト一覧
妊婦になったら食事で食べてはいけないものがあります。胎児に影響すると言われる食材の一覧です。
食べづわりの良い対策を教えて!空腹時のムカムカを軽減する方法
食べづわりはちょっとした対策を取り入れることで、空腹時のムカムカを軽くすることができます。気持ち悪くてついつい食べちゃう人は、参考にしてください。
つわりで仕事を休む基準が知りたい|体調を明確にするのに必要なこと
つわりで仕事を休む基準は会社や妊婦さんそれぞれの体調にとっても違うようですが、明確に示すためには、医師の診断も必要になることがあります。
妊娠中治らない痔の悩み|改善するために最も大切なことは?
妊娠中なかなか治らない痔。改善するために最も大切なことをご紹介します。
妊娠中の辛い便秘の対処法|いきむのが怖い時はこうしよう
妊娠中は辛い便秘に悩まされることが多いもの。いきむのも怖くなりますね。そうした時の対処法と自分でできる改善法のご紹介です。