妊娠中 便秘 辛い

妊娠中の辛い便秘の対処法|いきむのが怖い時はこうしよう

妊娠中は食べ物に関して気をつけなければいけないことがたくさんです。

 

 

妊娠初期の頃はつわりに悩まされる人も多いため、とにかく食べやすいものを
少量だけ食べている人も多いのですが、食べるものが少ないことによって
困るのが便秘です。

 

 

妊娠すると体は流産しないように、便秘になりやすい体質に
なることが多いので、それに加え食べる量が少ないと、
さらに便秘になる可能性は高くなります。

 

 

ですが、トイレで無理にいきむと流産してしまわないかと
心配になることもあるので、あまりにひどい場合は産婦人科で
妊娠中も安全に使える、下剤を処方してもらうといいです。

 

 

また、無理にいきむと、痔になって出血してしまい、お腹の赤ちゃんに
何かあったのではないかと、怖い辛い思いをすることにもなります。

 

 

また、不正出血なのか便秘によるものの出血なのかは自分では
判断しにくいため、出血があった場合は、産婦人科できちんと
診察してもらうことが大事です。

 

 

そして、つわりが収まってくると今度は食欲が増してくる妊婦さんが
多いので、栄養管理が大事です。

 

 

たくさん食べたい時は野菜中心の食生活にし、お腹の赤ちゃんの
ためにも油ものは避け、スナック菓子などのカロリー高めのおやつは
避けましょう。

 

 

また、海藻類は食物繊維も多く、ローカロリーなのでおすすめです。
体重増加予防にもなりますし、辛い便秘対策にもなるでしょう。

 

 

また、お腹が大きくなってくる妊娠後期はお腹も重く、運動がしにくく
なってくるので、太らないことはもちろん、便秘にも注意が必要です。

 

 

体に負担がかからないように軽いウオーキングをしたり、妊娠後期に
向いているストレッチ、マタニティーヨガなどをするといいです。
また、妊娠後期はついつい食事管理も気を抜きそうになるので要注意です。

 

 

高カロリーの食事に手を出してしまい、後期で妊娠中毒症に
なってしまう人もいるので、最後まで野菜中心で食物繊維が
豊富な健康的な食事は続けるようにしましょう。

関連ページ

妊娠中は体臭がきつくなるってホント?匂いを減らすために心がけること
妊娠中は体臭がきつくなることがあります。ちょっとした心がけで匂いを減らし、健やかな妊婦生活を送れるようになります。
妊娠中に風邪を引いてしまったら、胎児にどう影響するのか?
妊娠中にうっかり風邪を引くと、お腹の赤ちゃんが心配ですね。お母さんの体に起こった変化が、胎児にどう影響するのかを書いていきたいと思います。
妊娠中のイライラが辛い|気分を緩やかに保つ工夫とは
妊娠中はイライラすることが多く、ちょっとしたことで腹が立ったりします。その原因となるべく穏やかに過ごすための対策をご紹介します。
妊娠中の体重の増えすぎを防ぐ|日課にしたいセルフコントロール法
妊娠中に体重が増えすぎると、様々なリスクが伴います。増え過ぎを防ぐ、日課にしたいコントロール法とは
妊婦さんのダイエットと食事制限|ご飯を減らすより安全な方法は?
妊婦さんは体重制限があるため、ダイエットや食事制限を考える人が多いようです。ご飯を減らすよりリスクなく出来る方法をご紹介します。
妊娠中の旅行はどれくらい危険?安定期でも母体に迫るリスクとは
妊娠中の旅行はどれくらい危険うのでしょうか。安定期に入っていても母体に迫るリスクとは
妊婦になったら食事で食べてはいけないもの|胎児に影響するリスト一覧
妊婦になったら食事で食べてはいけないものがあります。胎児に影響すると言われる食材の一覧です。
食べづわりの良い対策を教えて!空腹時のムカムカを軽減する方法
食べづわりはちょっとした対策を取り入れることで、空腹時のムカムカを軽くすることができます。気持ち悪くてついつい食べちゃう人は、参考にしてください。
つわりで仕事を休む基準が知りたい|体調を明確にするのに必要なこと
つわりで仕事を休む基準は会社や妊婦さんそれぞれの体調にとっても違うようですが、明確に示すためには、医師の診断も必要になることがあります。
妊娠中治らない痔の悩み|改善するために最も大切なことは?
妊娠中なかなか治らない痔。改善するために最も大切なことをご紹介します。