妊婦 肩こり 湿布

妊婦の肩こりと湿布の使用

妊婦の肩こりは腰痛と並んでとても多い症状と言えます。

 

 

妊娠するとこで体が急激に変化していきますし、
おなかの重さを支えたり妊娠前とは運動量も
異なりますので、 肩こりを起こしやすくなりますね。

 

 

通常なら湿布を張って様子を見たいことろですが、 おなかに赤ちゃんがいても
湿布って使っていいのかな?と疑問をもたれた方も多いでしょう。

 

 

妊婦の肩こりに湿布を使っていいかどうかの判断は、結論から言うと
医師の指示によるところが 大きいでしょう。
絶対だめと言う方もいますし、心配なら使わないでと言う方もいます。

 

 

特にインドメタシン配合のものは、赤ちゃんに影響があるということも言われていますので、
使用する前に必ず医師に相談しましょう。

 

 

妊婦の肩こりの解消法

 

妊婦でも使うことのできる薬はたくさんあります。でも自分で判断するとこは難しいです。
湿布は張る薬なのでおなかの中には影響がない気がしますが、そんなことはありません。
必ず医師に確認してください。

 

 

妊婦の肩こりは、時に頭痛まで伴う重いものもあります。また痛みがひどいときは
眠れなくなる人もいます。お母さんの精神状態は赤ちゃんにも影響すると
言われていますので、 これは解消したところです。

 

 

よく言われることですが、肩こりは血液の流れが悪くなっていることが原因です。
その血液の流れをいい状態にするには温めること、これに尽きるでしょう。

 

 

特に妊婦はお風呂にゆっくり 入ったり、カイロやレンジで温めるタイプのものを
根気良く試してみてください。 薬と違いすぐに解消とはいかないと思いますが、
やはり根本的な原因を解消していくことが近道だと思います。

 

 

また、目を使いすぎない、睡眠不足にならない、疲れを溜めない、バランスの良い
食事を摂るなど、血液の流れに影響することは同時に気をつけていきましょう。
もしも可能なら、少しでも運動ができると尚血行をよくするのに役立ちますね。

 

 

妊婦の肩こりの治療

 

 

妊婦の肩こりの治療は、通常湿布ではなく、軟膏が処方されることが多いようです。
おなかの赤ちゃんに心配のない成分でできているものが使われています。
あまりひどい肩こりは 我慢しないで医師に相談し、積極的に治療しましょう。

 

 

我慢がストレスを生んでしまっては 妊婦さんの精神状態にはよくありません。
また、鍼灸治療やマッサージで解消されている方も増えているようです。

 

 

どんなところに行ったらいいか分からない方は、まずは相談だけしてみるのもいいでしょう。
私も肩こりで鍼灸治療を受けたことがありますが、基本はやはり温めるということが
大事といわれました。

 

 

出産後は、子供を抱っこする時間が増えて肩こりがひどくなったりしますので、
妊婦の時に自分なりの解消法を見つけておくと、その後も役立ちますよ。
是非湿布だけに頼らない方法を見つけてくださいね。