捻挫

捻挫に湿布を張るときのポイント

捻挫は誰もが一度は経験したことがある怪我といってもいいと思うのですが、
実際に自分に起こったら、湿布は張ったほうがいいのか、また冷たい冷湿布か
暖かい温湿布かと言うことはご存知でしょうか?

 

 

正しい捻挫のときのケアを知っておくと、いざと言うとき便利なのでご紹介しますね。
捻挫は関節が傷ついてしまっている状態のことで、子供でも大人でもなりますね。

 

 

私の娘が足首をひねって念のため病院へ行ったときは、「ちゃんと治療しないと癖になるよ」
とお医者様に言われました。このように足首や手首を捻挫する人が 最も多いですね。

 

 

でも人間は体中に関節がありますので、実はどこの場所でもなる可能性があります。
ただ、腰などをひねって痛みがあっても「これは捻挫だ」と 思わないかもしれませんが。

 

 

捻挫の時の湿布の選びかたと応急処置

 

捻挫をしたらひとまず湿布を張っておこうと思う人も多いと思いますが、
湿布には 冷湿布と温湿布がありこれは間違えてはいけません。 捻挫のときは、
傷ついた関節が熱を持っている状態ですので、それを抑えるため冷湿布を使います。

 

 

冷湿布が手元にある人ならすぐに張りたいところですが、まずは保冷剤などで
よく冷やしましょう。腫れがある場合はおさまるまで冷やしてくださいね。

 

 

ただ、あまり急激に冷やすとうっかり凍傷になったりするので、冷やして感覚が なくなってきたら、
冷やすのをやめてください。 また、感覚が戻ってきたら冷やしてと何度か繰り返しましょう。

 

 

冷やすのが終わったら、患部は動かさないように注意しましょう。
ここで無理をすると、 娘がお医者様に言われた「癖になる」可能性が高くなります。
会社や学校はできるだけ 休むようにして、テーピングできると更にいいですよ。

 

 

捻挫で病院へ行くタイミング

 

捻挫は病院へ行ったほうがいいのか悩む人もいると思うのですが、上記に書かれた
処置をして良くなるようなら正しい処置ができていると思うので、自分で治せると思います。

 

 

あまりに痛みがひどかったり腫れがひかななったりしたとき、
または1週間くらいたっても一向に良くならないときは病院で検査を受けましょう。

 

 

私も経験したことがあるのですが、骨にひびが入っていても、よぉ〜く冷やすと
腫れないこともあります。 痛みが引かないけど腫れていないから骨折してないと
自分で判断せずに、その時は病院へ行ってくださいね。

 

 

同じことを繰り返さないためにも、運動する前はストレッチは入念に行なったり、
足首や手首を良く回すなど関節は動かしておきましょう。
普段運動していない人や、寒い季節は 捻挫になりやすいので注意してくださいね。

捻挫記事一覧

捻挫した患部を早く治すには|炎症を素早く抑えるために必要なこと

捻挫は誰にでも起こりやすい怪我の1つです。運動やスポーツをされている方は特に注意しなければならない怪我の1つですが、日常生活においても様々なシチュエーションで起こりやすい怪我でもあるのです。捻挫は悪化させると、非常に治りにくいです。また捻挫した箇所によっても治りにくい場所が存在しており、特に手首や足...

≫続きを読む

 

痛みがとれない捻挫は結構怖い|悪化する前に病院へ行ったほうがいい理由

日常生活の中で、つまずいたりすると、足首を捻挫してしまうことがあります。骨折するほどの重傷ではないものの、捻挫というのは長期間にわたって痛みが続いてしまうことが多いので、適切な処置をしなければなりません。軽い症状だからといって、安易に考えていると、なかなか痛みがとれない捻挫後遺症の日々が続き、症状を...

≫続きを読む

 

捻挫が癖になるって本当?二度と起こさないための体作りとは

捻挫を起こしてしまうと、それが癖になってしまい何度も捻挫を起こしやすくなってしまいます。ただ、癖になる原因は確かに存在していますので、その原因を理解したうえで生活を送るようにしましょう。まず捻挫は、歩き方の問題などにより着地がうまくいかず、足の靭帯が伸びてしまうことで起こりやすくなってきます。靭帯が...

≫続きを読む

 

捻挫してしまったら、お風呂はいつから入っていいの?

怪我などで体を傷めてしまった場合は悪化させないよう、早く完治するよう、対応はきちんと行っておくよう心がけましょう。つらい症状のひとつに捻挫があげられますが、この場合、まずは患部を冷やして腫れや痛みを悪化させるのを防ぐことが大切です。初期の対応が良くないと、完治に時間がかかってしまう場合もありますので...

≫続きを読む

 

捻挫の治療はどこで受ける?痛みが長引いているときは、ここがベスト

日々の生活の中や運動の最中に、不意に足や手首などを捻ってしまい捻挫をしてしまう事もあるものです。捻挫をした瞬間に、強い痛みが発生するのはもちろんですが、数日間も、痛みが継続されてしまう事もあるものですので非常に厄介な怪我となっています。やはり一日でも早く治したいものですが、どこで治療を受ける必要があ...

≫続きを読む