風邪に効く食べ物

風邪に効く食べ物リスト一覧|身近なものでつらい症状を緩和

風邪に効く食べ物として代表的なものは、
まずは生姜があげられます。生姜は体を温めます。
生姜に含まれる辛み成分には殺菌力も期待できます。

 

 

さらに炎症も抑え、咳、喉の痛み、鼻水、鼻づまりといった
風邪の諸症状の緩和をします。
消化も良いので、風邪には欠かせない食べ物です。

 

 

卵は、消化がよく栄養豊富です。タンパク質ビタミンが豊富で、
白身には、リゾチームという、のどの痛みや痰を切る薬に
使用される成分が含まれています。

 

 

生姜と卵の温かいスープなどは、水分の補給にもなり、
風邪には有効です。

 

 

また、風邪をひいた時に、足りなくなる栄養素として、
ビタミンCがあります。

 

 

パセリ、ブロッコリー、ピーマンなどの緑黄色野菜、レモンや
いちごなどのフルーツは、ビタミンCが豊富なので風邪には有効です。
ダイコンも、のどの痛みや咳に有効です。

 

 

大根に含まれる消化酵素は消化促進だけでなく
痰を出しやすくしてくれます。

 

 

ネギ、にら、たまねぎなどは生姜同様、体を温め、炎症を抑えます。
風邪のひきはじめによく効きます。
熱がある時、寒気がするときなどにも有効です。

 

 

特に、にらは、自律神経に働きかけ、胃腸や内臓の調子を整えます。
ビタミンA・B・C、カルシウム、カリウム、鉄も多く含まれていて、
血液の循環もよくします。

 

 

生姜と卵のスープに、ネギやニラなどを組み合わせるのも効果的です。
うめは、解熱作用があります。梅肉エキスは食あたりや下痢、
嘔吐、腹痛などに役立ちます。

 

 

くずは、風邪のひきはじめ、回復期の肩や首のこった感じ、痛みに
有効です。くず湯は滋養作用があります。みかんも有効です。
漢方薬できく陳皮とは、みかんの皮を乾燥させたものです。

 

 

陳皮の煎じ汁は咳や痰によく効きます。柑橘系としては
他にはキンカンがあります。キンカンはのど飴にもよくつかわれています。

 

 

キンカンはビタミンCが豊富ではちみつと合わせてゆっくりなめると
のどの炎症に大変効果的です。これらの風邪に効く食べ物を、
体を温める調理法で上手に摂取することが大切です。

関連ページ

風邪の予防には免疫力の強化|毎日の食事で強い体を作る
風邪の予防には免疫力の強化が必要不可欠です。毎日の食事で、しっかりとバランスの良い栄養を捕り、強い体を作りましょう。
風邪薬の怖い副作用|飲む前にこれだけは知っておこう
風邪薬にも、怖い副作用があるのをご存知ですか。風邪をひいて飲む前に、どんな副作用があるのか知っておいてください。
風邪の時はお風呂に入らない方がいいのか?
風邪の時はお風呂に入っていいのか、入らない方がいいのか?悩みますよね。その症状によって、お風呂が良い場合もあるようです。
風邪とインフルエンザの見分け方|熱の高さとこんな症状が同時は注意
風邪とインフルエンザは見分け方に悩む時があります。ですが、熱の高さや同時に出るこんな症状があるときは、病院へ行くことをおすすめします。
喉の風邪を引いたときの対処法|身近なコレで粘膜の乾燥を防ぐ
喉の風邪を引いたときの対処法をご紹介します。痛みなども伴いますので、まずは身近なコレで粘膜の乾燥を防ぐのが効果的です。
鼻風邪を引いた時の対処法|原因を突き止めて適切な治療が重要
鼻風邪を引いた時の対処法をご紹介します。鼻水が出ている時などは、本当に風邪か7何が原因出ているのか原因を知って、適切な治療を受けることが大切です。
風邪で熱が出た時の対処法|おでこではなくここを冷やそう
風邪で熱が出た時の対処法をご紹介します。おでこではなくここを冷やすことによって、熱が冷めやすくなります。また体を温めるのも有効です。
風邪の症状が目に出たとき|こんな原因が考えられます
風邪の症状が目に出たときに考えられる原因を紹介します。また程度によって治療法も変わっています。
風邪のひきはじめに大切な対策とは|早く元気になるにはこれが必要
風邪のひきはじめは、どんな対策をとるかがとても重要です。これをとるか取らないかで、早く元気になれるかどうかが決まります。
花粉症と風邪の簡単な見分け方|ここを比較するとわかりやすい
花粉症と風邪の簡単な見分け方をご紹介します。ここを比較するとわかりやすいですよ。
緑茶は風邪に効果的!飲むよりもっと体にいい使い方は
緑茶は風邪に効果的です!飲むのもいいですが、飲むよりもっと体にいい使い方をご紹介します。
風邪の時ビタミンcがいいのはなぜ?不足すると長引く可能性大
風邪の時ビタミンcがいいのはなぜなのでしょうか?不足すると長引く可能性が高くなるほど、大切な栄養素と言われるの原因は。