風邪薬 副作用

風邪薬の怖い副作用|飲む前にこれだけは知っておこう

市販の風邪薬は厳しい試験を行い厚生労働省の認可を
受けているので、病状に合わせ用法・用量を守って服用すれば
基本的には安全です。

 

 

ですが、やはり薬である以上副作用の危険性はゼロではありません。
風邪薬の副作用として最も一般的な症状は、眠気を催すことです。

 

 

これは風邪薬に含まれる抗ヒスタミン剤という成分が引き起こすもので、
抗ヒスタミン剤によるものとしては他に喉の渇きやだるさ、
また人によってはめまいや吐き気といった症状が出ることもあります。

 

 

これらは一時的な症状なので、薬を長期連用しなければ
特に心配はありません。

 

 

その他動悸や皮膚のかゆみ、腹痛や下痢などの症状が
出ることもありますが、そうした場合はすぐに服用をやめ、
医師の診断を受けましょう。

 

 

風邪薬の副作用には重篤なものもあります。

 

 

アセトアミノフェンを配合した薬では、急性汎発性発疹性膿疱症
(皮膚が赤くなって小さなブツブツができたり、全身の倦怠感や
食欲不振などにみまわれる)

 

 

間質性肺炎(階段を上るなどの動作で息切れや息苦しさを
感じたり、空咳や発熱などの症状が出る)、腎障害(発熱・
発疹・全身のむくみ倦怠感・関節痛・下痢などの症状が
出る)といった副作用が起きることがあります。

 

 

薬によるアレルギー反応が出ることもあります。じんましんや
皮膚のかぶれといった発疹症状や、いわゆるアナフィラキシー
ショック(呼吸困難・じんましん・全身けいれんなど複数の
症状が出る)に陥ることもあります。

 

 

また特に重篤なものとしてはスティーブンス・ジョンソン症候群
(SIS)が挙げられます。

 

 

これは風邪薬のほか鎮痛解熱剤や抗生物質などでも
発症することがあるもので、38度以上の高熱ややけどのような
水ぶくれ、発疹などの激しい症状が短期間で全身に現れるものです。
また目の症状として急性結膜炎が起きることも知られています。

 

 

こうした副作用が起きるのは、量を多く飲みすぎたり他の薬と
同時に飲んだりということの他、体質によるものもあるので少しでも
異常を感じたらすぐに医師や薬剤師に相談することが必要です。

関連ページ

風邪の予防には免疫力の強化|毎日の食事で強い体を作る
風邪の予防には免疫力の強化が必要不可欠です。毎日の食事で、しっかりとバランスの良い栄養を捕り、強い体を作りましょう。
風邪の時はお風呂に入らない方がいいのか?
風邪の時はお風呂に入っていいのか、入らない方がいいのか?悩みますよね。その症状によって、お風呂が良い場合もあるようです。
風邪とインフルエンザの見分け方|熱の高さとこんな症状が同時は注意
風邪とインフルエンザは見分け方に悩む時があります。ですが、熱の高さや同時に出るこんな症状があるときは、病院へ行くことをおすすめします。
喉の風邪を引いたときの対処法|身近なコレで粘膜の乾燥を防ぐ
喉の風邪を引いたときの対処法をご紹介します。痛みなども伴いますので、まずは身近なコレで粘膜の乾燥を防ぐのが効果的です。
鼻風邪を引いた時の対処法|原因を突き止めて適切な治療が重要
鼻風邪を引いた時の対処法をご紹介します。鼻水が出ている時などは、本当に風邪か7何が原因出ているのか原因を知って、適切な治療を受けることが大切です。
風邪で熱が出た時の対処法|おでこではなくここを冷やそう
風邪で熱が出た時の対処法をご紹介します。おでこではなくここを冷やすことによって、熱が冷めやすくなります。また体を温めるのも有効です。
風邪の症状が目に出たとき|こんな原因が考えられます
風邪の症状が目に出たときに考えられる原因を紹介します。また程度によって治療法も変わっています。
風邪のひきはじめに大切な対策とは|早く元気になるにはこれが必要
風邪のひきはじめは、どんな対策をとるかがとても重要です。これをとるか取らないかで、早く元気になれるかどうかが決まります。
花粉症と風邪の簡単な見分け方|ここを比較するとわかりやすい
花粉症と風邪の簡単な見分け方をご紹介します。ここを比較するとわかりやすいですよ。
緑茶は風邪に効果的!飲むよりもっと体にいい使い方は
緑茶は風邪に効果的です!飲むのもいいですが、飲むよりもっと体にいい使い方をご紹介します。
風邪に効く食べ物リスト一覧|身近なものでつらい症状を緩和
風邪に効く食べ物リスト一覧です。身近なものでも、つらい症状を緩和するのに役立ちます。ぜひ風邪をひいたら食べてみてください。
風邪の時ビタミンcがいいのはなぜ?不足すると長引く可能性大
風邪の時ビタミンcがいいのはなぜなのでしょうか?不足すると長引く可能性が高くなるほど、大切な栄養素と言われるの原因は。