風邪 お風呂 入らない方がいい

風邪の時はお風呂に入らない方がいいのか?

風邪の時はお風呂に入らない方がいい、というような話は
昔から良く聞きますが、風邪の症状によっては、
お風呂に入ってもいい場合も多いのです。

 

 

熱が高熱であったり、体を動かすのもしんどいような
状況であればそのまま安静にして、脱水症状にならないように
水分補給をしっかり行うことに注意していることが最適です。

 

 

ですが、熱が比較的軽い場合や、まだ体に元気がある場合は、
熱いお風呂につかって汗を流し、体の新陳代謝をよくすることも
風邪を早く治すためには効果的です。

 

 

血のめぐりも良くなりますし、体も温まっていいでしょう。
また、体もさっぱりとしますから、気分的にも清々しくなります。

 

 

ですが、気を付けなければいけないのは、入浴後体を
冷やさないようにしなければいけないということです。

 

 

せっかくお風呂に入って体が温まっても、その後夜更かししてしまったり、
体をきちんと乾かさずに部屋をウロウロしていたりしては逆効果です。
体が冷えて余計風邪が悪化してしまうことも考えられます。

 

 

ですから、風邪をひいているのにお風呂に入る場合は、
体が温まっているうちに着替え、またすぐに布団に入ることが大切です。

 

 

髪の毛もドライヤーできちんと乾かして、冷えない状態で
休むようにしましょう。

 

 

ですから、夏場はいいですが、真冬の寒い時期は入浴後に
過ごすリビングも温かく暖房などで気温を整えておく必要があります。

 

 

寒気がしたり、部屋が寒い状態のままお風呂に入らなければ
いけないような時は、無理に入らない方がいいです。

 

 

体がたくさんかいた汗で気持ち悪いと感じるようであれば、
体をタオルで拭くようにし、また汗で湿ったシャツで体が寒気を
感じないようにまめに下着を変えるといいです。

 

 

また、寒い季節であれば、入浴する時間帯を変えるのもいいです。
夜に入浴するのではなく昼間の比較的温かい時間帯に入浴するようにすれば、
体も冷えずに済むでしょう。風邪がまたぶり返す可能性も低くなりいいでしょう。

関連ページ

風邪の予防には免疫力の強化|毎日の食事で強い体を作る
風邪の予防には免疫力の強化が必要不可欠です。毎日の食事で、しっかりとバランスの良い栄養を捕り、強い体を作りましょう。
風邪薬の怖い副作用|飲む前にこれだけは知っておこう
風邪薬にも、怖い副作用があるのをご存知ですか。風邪をひいて飲む前に、どんな副作用があるのか知っておいてください。
風邪とインフルエンザの見分け方|熱の高さとこんな症状が同時は注意
風邪とインフルエンザは見分け方に悩む時があります。ですが、熱の高さや同時に出るこんな症状があるときは、病院へ行くことをおすすめします。
喉の風邪を引いたときの対処法|身近なコレで粘膜の乾燥を防ぐ
喉の風邪を引いたときの対処法をご紹介します。痛みなども伴いますので、まずは身近なコレで粘膜の乾燥を防ぐのが効果的です。
鼻風邪を引いた時の対処法|原因を突き止めて適切な治療が重要
鼻風邪を引いた時の対処法をご紹介します。鼻水が出ている時などは、本当に風邪か7何が原因出ているのか原因を知って、適切な治療を受けることが大切です。
風邪で熱が出た時の対処法|おでこではなくここを冷やそう
風邪で熱が出た時の対処法をご紹介します。おでこではなくここを冷やすことによって、熱が冷めやすくなります。また体を温めるのも有効です。
風邪の症状が目に出たとき|こんな原因が考えられます
風邪の症状が目に出たときに考えられる原因を紹介します。また程度によって治療法も変わっています。
風邪のひきはじめに大切な対策とは|早く元気になるにはこれが必要
風邪のひきはじめは、どんな対策をとるかがとても重要です。これをとるか取らないかで、早く元気になれるかどうかが決まります。
花粉症と風邪の簡単な見分け方|ここを比較するとわかりやすい
花粉症と風邪の簡単な見分け方をご紹介します。ここを比較するとわかりやすいですよ。
緑茶は風邪に効果的!飲むよりもっと体にいい使い方は
緑茶は風邪に効果的です!飲むのもいいですが、飲むよりもっと体にいい使い方をご紹介します。
風邪に効く食べ物リスト一覧|身近なものでつらい症状を緩和
風邪に効く食べ物リスト一覧です。身近なものでも、つらい症状を緩和するのに役立ちます。ぜひ風邪をひいたら食べてみてください。
風邪の時ビタミンcがいいのはなぜ?不足すると長引く可能性大
風邪の時ビタミンcがいいのはなぜなのでしょうか?不足すると長引く可能性が高くなるほど、大切な栄養素と言われるの原因は。