風邪 インフルエンザ 見分け方

風邪とインフルエンザの見分け方|熱の高さとこんな症状が同時は注意

冬場は一年の中でも特に風邪やインフルエンザなどに
感染しやすくなります。

 

 

それは空気が他の季節よりも乾燥し、ウィルスや細菌が
空気中に浮遊しやすく、大増殖を起こしてしまうためです。

 

 

また乾燥が促進すると、人間の喉や鼻などの粘膜も
乾燥傾向になるのです。すると粘膜によってウィルスや
細菌がブロックされず、体内に侵入しやすくなるのです。

 

 

そのため冬場は多くの人が様々な感冒症や風邪を
患うことになります。特に冬場は風邪だけでなく、
インフルエンザの流行も最盛期を迎えるのです。

 

 

両者は非常に症状が似ており見分け方が難しい場合があります。
しかしインフルエンザに感染していて、それを放置していると
死に至るケースもあり、甘く見るのは非常に危険な行為だと
言わざるを得ません。

 

 

そのためにも見分け方、見極め方をしっかり把握しておくことが
大事なのです。
見分け方の第一は、熱がどの程度あるかで区別します。

 

 

40度近くの高熱の場合は、インフルエンザの可能性が
非常に高いのです。一般的な流行感冒症ではせいぜい
38度までの熱しか出ません。

 

 

もう一つの見極め方は水のような鼻水が大量に出る、
激しい咳が出る、下痢や嘔吐をするなど症状が同時期に
一気に起こる場合は、インフルエンザの可能性が非常に高いです。

 

 

風邪の場合では高熱の後、そのウィルスを完全に出し切ろうと
後半に咳など出るケースが多いものです。

 

 

いずれにしても、普段ひくような風の症状よりも状態が悪い場合は
インフルエンザを疑ってみるべきだと言えるでしょう。

 

 

こうした辛い状態に陥らないために、予防接種を受けておくことは
非常に有効です。
仮に感染したとしても重篤化しないで軽くで済むのです。

 

 

いずれの疾患にしても、感染しないように予防をすることが
一番大事です。

 

 

睡眠を充分とる、手洗いうがいを徹底する、緑黄色野菜など
栄養バランスのとれた食生活を心がける、ストレスを出来るだけ
貯め込まないなど、こうした心がけで感染のリスクは軽減します。

関連ページ

風邪の予防には免疫力の強化|毎日の食事で強い体を作る
風邪の予防には免疫力の強化が必要不可欠です。毎日の食事で、しっかりとバランスの良い栄養を捕り、強い体を作りましょう。
風邪薬の怖い副作用|飲む前にこれだけは知っておこう
風邪薬にも、怖い副作用があるのをご存知ですか。風邪をひいて飲む前に、どんな副作用があるのか知っておいてください。
風邪の時はお風呂に入らない方がいいのか?
風邪の時はお風呂に入っていいのか、入らない方がいいのか?悩みますよね。その症状によって、お風呂が良い場合もあるようです。
喉の風邪を引いたときの対処法|身近なコレで粘膜の乾燥を防ぐ
喉の風邪を引いたときの対処法をご紹介します。痛みなども伴いますので、まずは身近なコレで粘膜の乾燥を防ぐのが効果的です。
鼻風邪を引いた時の対処法|原因を突き止めて適切な治療が重要
鼻風邪を引いた時の対処法をご紹介します。鼻水が出ている時などは、本当に風邪か7何が原因出ているのか原因を知って、適切な治療を受けることが大切です。
風邪で熱が出た時の対処法|おでこではなくここを冷やそう
風邪で熱が出た時の対処法をご紹介します。おでこではなくここを冷やすことによって、熱が冷めやすくなります。また体を温めるのも有効です。
風邪の症状が目に出たとき|こんな原因が考えられます
風邪の症状が目に出たときに考えられる原因を紹介します。また程度によって治療法も変わっています。
風邪のひきはじめに大切な対策とは|早く元気になるにはこれが必要
風邪のひきはじめは、どんな対策をとるかがとても重要です。これをとるか取らないかで、早く元気になれるかどうかが決まります。
花粉症と風邪の簡単な見分け方|ここを比較するとわかりやすい
花粉症と風邪の簡単な見分け方をご紹介します。ここを比較するとわかりやすいですよ。
緑茶は風邪に効果的!飲むよりもっと体にいい使い方は
緑茶は風邪に効果的です!飲むのもいいですが、飲むよりもっと体にいい使い方をご紹介します。
風邪に効く食べ物リスト一覧|身近なものでつらい症状を緩和
風邪に効く食べ物リスト一覧です。身近なものでも、つらい症状を緩和するのに役立ちます。ぜひ風邪をひいたら食べてみてください。
風邪の時ビタミンcがいいのはなぜ?不足すると長引く可能性大
風邪の時ビタミンcがいいのはなぜなのでしょうか?不足すると長引く可能性が高くなるほど、大切な栄養素と言われるの原因は。