風邪 治し方

風邪の治し方の基本

風邪の治し方の基本は、十分休養と栄養を摂ることにあります。
市販の風邪薬は、症状を和らげることはできますが、
根本から治すことは できないと言われています。

 

 

体が本来持っている、免疫機能や防衛機能などから 風邪の時に一番良いと
思われる方法をご紹介したいと思います。

 

 

風邪をひいてしまった・・・「寒くて震えがくる」「体中の関節が痛い」 「熱が出た」などは、
そのほとんどがウイルスによるものです。一度体に 入ったウイルスは増えようとしますので、
戦うためには余分な体力を使わず 十分に休むことが大切です。

 

 

まず、仕事や学校を休める時は、必ず休みましょう。次に、部屋を温め湿度の調節をします。
ウイルスは湿度に弱いので、加湿器が なければ濡れたタオルをはすなどでもいいと思います。

 

 

そして、汗を良く吸い取る服を着て布団に入りゆっくり休みます。
そもそも、風邪のときの症状はウイルスから体を守ろうとする働きの現われと言われています。
咳やくしゃみはウイルスを外に出そうとする働きですし、 熱もウイルスを撃退しようとする働きです。

 

 

この働きは、体が元々持っている 防衛機能で、この機能に体力を注ぐためには
余計な体力を使って他へ力を 分散しないために、安静と休養が必要なんですね。

 

 

風邪薬はこれらの症状を抑える働きがありますが、薬を飲まなくても本来持っている力で
風邪を治すことはできるのです。

 

 

私は、通常風邪薬は飲みません。ひたすら寝て水分を取り治します。
この方が早く治る気がしています。

 

 

風邪の時のレシピ

 

 

風邪の治し方で、栄養を摂りましょうと書いてあることもありますが、
健康なときと同じように食事を取ると、体に負担がかかると言う説もあります。

 

 

余分な体力を消化することに使わないように、消化の良いものを摂ったほうが
いいと個人的には思っています。

 

 

具体的には、風邪かなと思った時点でスポーツドリンクやゼリーの栄養補給食品
プリンやヨーグルト、りんごやバナナを用意しています。

 

 

風邪の時は体を 冷やさないようにするのが大切なので、スポーツドリンクは常温で、
その他には 暖かいミルクも飲みます。

 

 

よくビタミンCを摂るといいと言われていますが、 熱が下がりだしたときは、体力と共に
ビタミンCも消耗していますので、治りかけの 時に一番多く摂るようにしています。

 

 

風邪の対策と予防

 

 

風邪の治し方を知っておくことも大切ですが、かからないように普段から免疫力を
あげて健康な状態を維持することも大切です。

 

 

人は、一生のうちに200種類位の 風邪にかかると言われていますので、ウイルスが
体に入ってきてもすぐに戦うことが できてすぐに勝つことのできる体作りを心がけましょう。

 

 

当たり前すぎてつい見過ごしてしまいがちですが、睡眠を十分に取ること、
ストレスを上手に発散すること、バランスの良い食事が基本です。

 

 

そして、体を温めることも 免疫の力をあげるには忘れてはいけないことです。
冷えた状態が続くと、新陳代謝も 下がり体に余計な老廃物を溜めて、
体全体の働きが悪くなってしまいます。

 

 

日ごろから湯船に入ったり適度な運動も心がけましょう。これだけで随分違いますよ。