下痢 体質改善

慢性的に下痢が続く場合には体質改善が必要|自律神経のバランスが大切

下痢が起こるメカニズムとして、主に3つの要因が考えられます。

 

 

1つは、腸のぜんどう運動が活性化してしまい、摂取したものが
腸で水分を十分に吸収できずに排出されてしまうケースです。
香辛料やカフェイン等によって腸が刺激されるとよく起こる現象です。

 

 

2つめは、水分の吸収力が低下してしまうケースです。不規則な生活習慣や
ストレスによって腸の働きが鈍り、水分を十分に吸収できなくなると
そのまま排泄されてしまうために起こります。

 

 

3つめは、腸の分泌液が過剰に出てしまうケースです。これはウイルスなどの菌が
体内に侵入してしまい、それを排出しようとするために分泌されるものですので
自然な働きです。

 

 

腸は小腸と大腸に分けられますが、小腸で起こる下痢は食べ過ぎや
飲み過ぎが原因であることが多く、一過性の症状ですので心配要りません。

 

 

大腸で起こる下痢は、細菌やウイルスなどにより腸のぜんどう運動が
活発になり過ぎたり粘膜の分泌が多くなるために起こります。

 

 

慢性的な部類に入り最も多いのはストレス性の下痢です。
人間関係や家庭内で悩みを抱えていたり、仕事等で大きなプレッシャーを
感じている時に起こりやすい症状です。

 

 

精神的なストレスがきっかけで腸の働きに異常をきたし、
病院で検査を受けても異常が認められないのが大きな特徴です。

 

 

この場合、原因となる事柄を取り除くのが最善の策ですが、
自律神経を整えて体質改善を図ることでも良くなります。

 

 

体質改善にはバランスの良い食事と規則正しい生活が最も重要であり、
質の良い睡眠をとるように心がけることも大切です。

 

 

自律神経を整えるための方法には色々ありますが、まずは朝起きて
朝日をたっぷりと浴びることが有効です。
朝日を浴びると体内時計が調節され、体のサイクルを正しく保つことができます。

 

 

また、腹式呼吸も自律神経の調節に役立ちます。
自律神経のバランスが整えば体温調整機能も正常な状態に戻り、
下痢の症状だけでなく様々な体調不良を解消することができます。

関連ページ

飲食店でバイトしている人が胃腸炎になったら|ベストな対処法はこれ
飲食店でバイトしている人が胃腸炎になったら、仕事は休むべきなのでしょう。お店に関わる重要な事項とその対処法をご紹介します。
子供の下痢が泥状便の時|ママが出来る対処法と受診のタイミング
子供の下痢が泥状便たった時の対処法や、どのタイミングで受診すればいいのかなど。
長期間続く下痢の原因|考えられる病気と治療法
長期間下痢が続いた時に考えられる原因や病気について。放置せず、自分の体に起こっていることを見つめることが大切です。
安易に下痢止めを飲んではいけないその理由とは?
安易に下痢止めを飲んではいけないと言われますが、その理由とは?下痢を起こすということが、どんな役割があるのか、書いていきます。
水様便が続くのは病気のサイン?あなたに当てはまるのはどの疾患
水様便が続くのは何か病気が隠れているのでしょうか。考えられる疾患とその対処法です。