下痢

下痢の対策

下痢といってもその原因や症状、対策の仕方、期間などは様々で
便秘に並んで誰でも一度は経験したことのある病気と言えます。

 

 

下痢は正しく言うと、腸の中の善玉菌や悪玉菌のバランスが狂って
しまっている状態と言えます。

 

 

よく下痢をおこす人は特別なことじゃない気がするかもしれませんが、
正常な状態でないことは 確かなので、何らかの対策を取ることで
改善できる場合もあります。

 

 

通常は急激に起こるものと数週間以上続くものとがあります。
また、便秘と下痢を繰り返すと言う方もいますね。

 

 

下痢の対策

 

下痢の対策の取り方は、症状や原因によって変わります。
自分で原因が何か分かっているときは それを取り除くことが大切です。

 

 

例えば、大人に多いのはお酒の飲みすぎによるもの、ストレス が溜まったとき、
寒い思いをして体を冷やしたとき、風邪のとき、食べ過ぎたときなどでしょうか。

 

 

私もビールをジャンジャン飲んだ次の日は必ずと言っていいほど、下痢になります。
そんなときの対策は、脂っこいものを控えてゆっくり休むことです。

 

 

下痢は何かの原因で腸の中のバランスが崩れていますので、
体を休めてくださいと言う サインだと思うといいでしょう。

 

 

赤ちゃんの下痢対策

  

 

赤ちゃんや乳幼児は下痢をとてもおこしやすいです。大人がきちんと対策を取ってあげて下さい。
まずは便の状態をよく観察し、機嫌がいいか悪いか、食欲はあるか、便に血が混ざってないか、
吐いてしまうか、熱はでていないか、おなかを痛がっていないかなどよくみておきましょう。

 

 

また下痢のに心配なのは脱水症状です。やわらかくなった便と共に体の水分が
どんどん出てしまっている状態なので、水やスポーツ飲料を少しずつあげましょう。

 

 

赤ちゃんの時は、念のためかかりつけの小児科で診てもらうことをおススメします。
便の状態や食事の回数と内容など、メモしておくと診察の時に役立ちますよ。

 

 

そして下痢のときの便は、お尻のかぶれがひどくなることが多いので、
オムツをしているときは、 マメに変えて清潔にしてあげてください。

 

 

また下痢止めは細菌が原因のときなど使ってはいけないときの判断が
自分では難しいので、むやみに飲ませず処方してもらったほうが無難です。

 

 

風邪のときの下痢対策と役立つ食事

 

大人でも子供でも風邪の時は下痢をおこしやすくなります。
免疫が下がっているので、腸内の環境も乱れてしまいがちになります。
安静にして水分が不足しないよう気をつけましょう。

 

 

もしも風邪の 症状が良くなってもその後下痢が長く続いたくようなら、
医師の診察を受けることをおススメします。

 

 

下痢対策に役立つ食事は、まず消化のよいもの、刺激の少ないもの、
糖分が多くないものを 心がけてください。
家はいつも薄いだしで煮たうどんを作ります。おかゆもおススメです。

 

 

食べたくないときは無理に食事を取らずに水分だけを補給し、
腸を休ませて上げるのも大切です。
体力の回復とともに下痢が治まってくるなら大丈夫です。

 

 

並んで大切なのはこれらの下痢対策を とっても一向に良くなる気配が無い時に、
放置しないで診察を受けるということです。

 

 

特に大人の下痢は生活習慣や自分を取り巻く環境と密接な関係があるときが
ありますので、 自分の体と向き合い適切な対策を取ることが大切ですよ。

下痢記事一覧

飲食店でバイトしている人が胃腸炎になったら|ベストな対処法はこれ

  胃腸炎の多くは、ウィルスや細菌によって起こります。  細菌性のものは一般的に「食中毒」とも言われているもので、サルモネラ、  腸炎ビブリオ、カンピロバクター、病原性大腸菌、O-157などがあり、  夏場に起こることが多いです。これらの病原菌を下痢や嘔吐によって出し切ることで回復に向かいます。しか...

≫続きを読む

 

子供の下痢が泥状便の時|ママが出来る対処法と受診のタイミング

子供が体調が悪くなるというのは、親としても心配なものです。ですので、子供の異常には早めに親として気づいてあげる必要があるのです。例えば、健康の状態を確認するものとしてどんなものがあるかというと、便があります。健康的な便が毎日きちんと出ていれば問題がありませんが、下痢をしているようではいけません。もし...

≫続きを読む

 

長期間続く下痢の原因|考えられる病気と治療法

下痢が長く続いてしまった時、おかしいなと思いながら放っておく人が多いはずです。しかし、長期間下痢がつづく場合、その原因が様々な病気にある可能性があるのです。あまり長期間つづく場合は、下痢だからと放っておかず、病院へ行くようにしましょう。とても多い病気として、過敏性腸症候群です。この病気になる原因は精...

≫続きを読む

 

安易に下痢止めを飲んではいけないその理由とは?

まず、下痢に関しましては大きく2つのタイプに分けられております。急性下痢これに関しましては、非感染性下痢・感染性下痢の二つに分けられます。1・非感染性下痢暴飲暴食や腹部の冷えなどを原因として急激な腹痛に襲われることを特徴としております。また、ある食品を摂取した際に起こるアレルギー反応や精神的なストレ...

≫続きを読む

 

慢性的に下痢が続く場合には体質改善が必要|自律神経のバランスが大切

下痢が起こるメカニズムとして、主に3つの要因が考えられます。1つは、腸のぜんどう運動が活性化してしまい、摂取したものが腸で水分を十分に吸収できずに排出されてしまうケースです。香辛料やカフェイン等によって腸が刺激されるとよく起こる現象です。2つめは、水分の吸収力が低下してしまうケースです。不規則な生活...

≫続きを読む

 

水様便が続くのは病気のサイン?あなたに当てはまるのはどの疾患

下痢は誰もが経験したことのある疾患だと言えるでしょう。非常に日常的な疾患であり、大したことはないと感じる人も多いものです。多くは疲れや、風邪、食あたりなどで水様性の便が出るのです。しかし一日経過すればほとんどが元の便に戻るものなのです。代表的な病名はウィルス性胃腸炎などが有名です。しかし食事の管理方...

≫続きを読む