眼精疲労 頭痛

眼精疲労と頭痛の対処法

眼精疲労による頭痛は、今の時代を反映して多くの人が悩まされている病気の一つです。

 

 

眼精疲労とは普段パソコンなどをしない人が少し目を使いすぎていわゆる疲れ目と言う
状態になったのとは 少し違い、目を休めたり何らかの対策を取っても、すぐに眼精疲労に
戻ってしまったり、 または目の疲れが改善しない状態のことを言います。

 

 

そしてこの眼精疲労による頭痛を抱えている人が、増える傾向にあります。
眼精疲労は、目の疲れだけでなく、頭痛や吐き気、本当に吐いてしまう、
めまい、視力低下など 様々なものを併発します。

 

 

仕事で細かい文字やパソコンの画面を見なくてはならない人は、 これらの症状を抱えながら、
仕事をしなくてはならないのです。辛いですね。

 

 

この状態が長く続くと、頭痛などだけではなく精神的な疾患までもおこすことがありますので、
ひどくならないうちに自分自身で対策法や解消法を見つけましょう。

 

 

眼精疲労のマッサージ

 

 

眼精疲労やそれに伴う頭痛は、目の周りの筋肉が凝り、血液の流れが滞ることと
密接に関係していると思います。 原因は目を酷使してしまっていると言うことです。

 

 

パソコンの画面などをずっとみているとどうしても瞬きが少なくなりがちです。
そのことから考えると、やはり目を休める時間を持つこと、 目の周りを温めるのが有効です。

 

 

職場でも目を休める時間を取れる方は、是非ホットパックを試してみてください。
一日の終わりに自宅でケアするなら、蒸しタオルを目の上に乗せ、目の周りをぐるっと
囲むように押していくのがおススメです。

 

 

ここにツボがとてもたくさんありますので、 目の周りがほぐれます。
もしも充血もあるようでしたら、冷たく冷やしたタオルのを方がいいです。

 

 

また、眼球をグルグルと回す体操も固まった筋肉をほぐすのに役立ちますので、
ちょっとした空き時間に習慣にするといいでしょう。

 

 

眼精疲労の解消

 

 

眼精疲労は、現代病といっても言いいほどOA機器の普及に伴い増えてきています。
そしてそれに関する サプリメントや目薬、グッズなどもどんどん増えてきました。

 

 

眼精疲労や頭痛が起きたときそれに対処する対策法を持っていることはとても大切ですが、
根本的なところに注目することもとても大切です。

 

 

まず、メガネをかけている方はもう一度メガネの度数を調整しなおしてみましょう。
この調整がうまくいくと 眼精疲労による頭痛が軽減される人が多いのです。
一般的に眼科医が処方してくれためがねは強いことが あるので、もう一度確認しましょう。

 

 

また、目を意識して休ませる、規則正しい生活、栄養の整った食事、 ストレス発散、
適度な運動で体の状態や血液の流れを良い状態に保つこともとても大切です。

 

 

体が疲れているのに、 目だけ元気を言うことは決してありませんので。
眼精疲労や頭痛の軽減方を見つけたら、今度は眼精疲労に
ならない体作りを目指してください。