目の奥 痛み 頭痛 ツボ

目の奥の痛みや頭痛を緩和するツボ|パソコンやスマホユーザーは試してみて!

目の奥の痛みや頭痛に悩まされている人は多いでしょう。
現代はパソコンやスマホなど、知らず知らずのうちに目を
酷使していることもその原因の一つです。

 

 

そういった痛みに悩まされないためには、そもそも目を酷使しなければ
いいのですが、なかなかそうもいきませんよね。

 

 

そこで、痛みが発生した時の対処法として
目の奥の痛みや頭痛に効くツボをご紹介します。

 

 

そもそもこれは東洋医学の考えです。東洋医学では全身を気と
血が循環して身体のバランスがとれていると考えます。気血の通り道は
経絡と呼ばれこの経絡が交わるポイントが経穴で、これがツボなのです。

 

 

経絡が何らかの原因で滞ってしまうと病になるとされます。
これを改善するために経穴に鍼や灸を施して、気血の流れを
スムーズにするのです。

 

 

目の奥の痛みを和らげるのは、

 

眉毛の一番内側のさん竹、眉毛の真ん中の魚腰、
眉毛の一番外側の糸竹空、目頭と鼻の間のくぼみの晴明、
瞳の下のくぼみの承泣、目尻から親指1つ分外側の瞳子りょう、
眉尻と目尻から髪の生え際の間のくぼみの太陽などです。

 

 

自分でも簡単にできるツボ押しをご紹介します。
まず、背筋をのばし、姿勢を正してひと呼吸おきましょう。

 

 

まず、両手の親指を太陽にあて指を内側に曲げて、人差し指の
内関節でさん竹を8回指圧します。次に、人差し指の内関節で
晴明を8回指圧します。

 

 

そして、親指を下あごにあてて人差し指と中指をそろえて
承泣をゆっくり8回指圧します。

 

 

次に、手をうかせたまま人差し指の内関節で、さん竹、魚腰、
糸竹空と内側から外側へゆっくりなでるようにぐるりと動かします。

 

 

そのまま目の下に移動して人差し指の内関節で、晴明、承泣、
太陽を内側から外側へゆっくりなでるように動かします。
指先が目に入らないように、眼球を押さないように注意して行ってください。

 

 

簡単にできるので、疲れたなと思ったらこの体操をすると
目の周りの血行がよくなり目の疲れが取れるだけでなく、
頭もすっきりしますよ。

関連ページ

シェーグレン症候群によるドライアイの治療方法
シェーグレン症候群,ドライアイ,治療
風邪で目がしょぼしょぼする|花粉症との見分け方
風邪で目がしょぼしょぼする人へ?もしかして?花粉症との見分け方
目の疲れで開かない時の対処法|症状を緩和するためにすぐにできること
目の疲れがひどく、開かない時の対処法をご紹介します。症状を緩和するためにすぐに取り入れられることはこちら。
眼精疲労に効く食べ物リスト|毎日のご飯で目の健康を守る
眼精疲労に効く食べ物をご紹介します。毎日のご飯に取り入れれば、しっかり目の健康を守ることができますよ。
パソコンによる目の痛みの緩和|悪い光を遮るアイテムの必要性
パソコンによる目の痛みを緩和するには、目に悪い光を遮るアイテムを取り入れるといいです。
疲れ目と眼精疲労の違いは?専門医の治療が必要になる目安
疲れ目と眼精疲労の違いはどんなところにあるのでしょうか。専門医の治療が必要になる目安をご紹介します。
眼精疲労を回復するツボいろいろ|目の疲れを感じたら簡単セルフケア
眼精疲労を回復するツボをいろいろご紹介します。目の疲れを感じたら、簡単にどこでもセルフケアをすることができますよ。
疲れが原因で目やにが増える?受診が必要なのはこのパターン
目の疲れが原因で目やにがでたり、増えることがあるのでしょうか?受診が必要になるのはこのパターンの時です。