眼精 疲労 回復 ツボ

眼精疲労を回復するツボいろいろ|目の疲れを感じたら簡単セルフケア

眼精疲労とは目の疲れが続き、休んでも目の疲れが取れない、
いったん回復してもまたすぐ目の疲れを感じるといった状態のことです。

 

 

ひどくなると、目の裏側まで傷んだり、肩こりや頭痛、胃の不調や
全身の倦怠感まで引き起こすことがあります。そうした眼精疲労の
予防や回復にはツボ押しが有効です。

 

 

目の周囲には眼精疲労に効くツボがいくつかあります。
まずは左右の眉頭の下のくぼんだ所にある「天応(てんおう)」です。
ここに親指を当て、下から上へ骨を押すようにして指圧します。
ドライアイにも効果があります。

 

 

次に鼻の付け根、目頭の脇にある「晴明(せいめい)」です。
ここは人差し指で、やはり下から上に向かって押していきます。
人差し指と親指でつまむようにしても構いません。
目のまわりの血流を改善し、目の下のクマにも効果があります。

 

 

頬の真ん中やや上、瞳の真下で花の中央ぐらいの高さにある
「四白(しはく)」は、人差し指を当てて少し強めにゆっくりと
押していきます。

 

 

疲れ目のほか目の充血にもよく、また目の周りの血行を良くし
顔の神経をやわらげるので目の下のクマや顔のむくみ・
たるみにも効果があります。

 

 

目の周囲のマッサージも効果的です。まず両手を握り、親指を出して
左右のこめかみに当てます。そして人差し指で眉頭から眉尻、目の下も
骨に沿って目頭側から目尻側へマッサージしていきます。

 

 

目のまわりには目に良いツボがたくさんあります。
眉頭にある「攅竹(さんちく)」、眉毛の真ん中あたりにある
「魚腰(ぎょよう)」は疲れ目のほか視力にも良いとされています。

 

 

眉尻にある「絲竹空(しちくくう)」はたるみやシミ・シワなど美容にも
良いほか頭痛にも効果があります。こめかみからやや目尻寄りにある
「太陽(たいよう)」は老眼にも効果があると言われています。

 

 

目尻のくぼみにある「瞳子りょう(どうしりょう)」は偏頭痛の改善に、
瞳の真下の骨の上にある「承泣(しょうきゅう)」は白内障や
緑内障といった眼病や近視・遠視・乱視といった屈折異常に効果があります。

関連ページ

目の奥の痛みや頭痛を緩和するツボ|パソコンやスマホユーザーは試してみて!
目の奥の痛みや頭痛は効くツボがありますので、パソコンやスマホユーザーはぜひ試してみてください!
シェーグレン症候群によるドライアイの治療方法
シェーグレン症候群,ドライアイ,治療
風邪で目がしょぼしょぼする|花粉症との見分け方
風邪で目がしょぼしょぼする人へ?もしかして?花粉症との見分け方
目の疲れで開かない時の対処法|症状を緩和するためにすぐにできること
目の疲れがひどく、開かない時の対処法をご紹介します。症状を緩和するためにすぐに取り入れられることはこちら。
眼精疲労に効く食べ物リスト|毎日のご飯で目の健康を守る
眼精疲労に効く食べ物をご紹介します。毎日のご飯に取り入れれば、しっかり目の健康を守ることができますよ。
パソコンによる目の痛みの緩和|悪い光を遮るアイテムの必要性
パソコンによる目の痛みを緩和するには、目に悪い光を遮るアイテムを取り入れるといいです。
疲れ目と眼精疲労の違いは?専門医の治療が必要になる目安
疲れ目と眼精疲労の違いはどんなところにあるのでしょうか。専門医の治療が必要になる目安をご紹介します。
疲れが原因で目やにが増える?受診が必要なのはこのパターン
目の疲れが原因で目やにがでたり、増えることがあるのでしょうか?受診が必要になるのはこのパターンの時です。