安眠 方法

安眠の方法と障害

安眠の方法を知ることで、人生の3分の1と言われている眠りの時間を
もっと快適に変えてみましょう。

 

 

現代の社会に生きる私たちは、情報が溢れとても便利な時代に生きていると言えますが、
その分ストレスを抱えている人も多く存在します。

 

 

もしかすると、ストレスを抱えていない人を探すほうが大変かもしれません。
そして、このストレスや身体的な疲労は安眠を妨げる大きな要因にも
なってしまいます。

 

 

近年、安眠枕やcd、マット、サプリメント、グッツなどが売れるのは、
こうした時代を反映していると言えますね。

 

 

睡眠を安眠に変える

 

そもそも安眠とはどういう状態のことでしょうか?布団に入ったら、または夜になったら
自然に眠くなり、尚且つ朝の目覚めが良いことが安眠と呼べるのではないかと思います。

 

 

安眠の障害の種類はいろいろあり、なかなか寝付くことができない人、眠っている間に
何回か目が覚めてしまう人、まだ寝ている時間なのに早く目が覚めてしまう人などがあります。

 

 

これらの安眠に障害を受けている状態が続いてしまうと、もちろん慢性的な
寝不足状態が続くことになります。
寝不足は健康や美容の面から見ても、免疫が下がり体にはよくないですね。

 

 

安眠のためにリラックス

 

ではどのような安眠の方法を取り入れればよいのでしょうか?
その具体的な例をお伝えする前に、少し考えていただきたいことがあります。

 

 

人間は元々、夜になると自然に眠くなる体を本来なら持っています。
でも、何らかの原因で その機能の働きが低下している訳です。
その安眠できずにいる原因として、毎日の生活をまずは思い出してみましょう。

 

 

ストレスが溜まっている、仕事が忙しく疲れている、食事のバランスや時間が乱れている、
夜遅くまでテレビを観ていたりパソコンをしているなどなど思いあたることはありませんか?

 

 

眠りは副交感神経が働くことによって起こりますが、体の状態がよくないために、
この副交感 神経の働きが低下しているのかもしれません。

 

 

この状態でいくら安眠グッツやまくらなどを 使用しても、安眠の方法には
ならないかもしれません。

 

ですので、リラックスした時間を持つ、栄養バランスの整った食事、
規則正しい生活などを心がけてください。
その上で様々な安眠の方法を取り入れていただけたらと思います。

 

 

おススメ安眠方法

 

リラックスする

 

 

安眠cdを眠る前にbgmとして流す、アロマオイルをたく(ただし自分の嫌いな
香りや天然でない 人工的に作られた香りはかえってよくないことがあります)

 

低い温度のお湯でお風呂に20分くらい入る

 

 

ゆっくりと体を温めると、入浴後からだの体温を下げようと副交感神経が
活発に働き出します。 これによってスムーズに眠りに入ることができます。

 

 

ストレッチで体の筋肉を緩める

 

体の血行が促進され、リラックス効果があります。

 

 

眠る前は、部屋の明かりを暗めにする

 

これは私も取り入れている方法です。10時を過ぎたらリビングの照明を
消してスタンド の明かりなどに切り替えています。